home > 投稿 > > 湿ったスピリッツ ~前編・害虫駆除~

湿ったスピリッツ ~前編・害虫駆除~

 
 ホワイトランという街は、スカイリムの中央に位置する街だ。
 仕事を進めるために、バナード・メアという宿屋に向かうことにする。
 そこでマラス・マッキウスに会えるはずだ。

 バナードメアは、ホワイトランの中心部にある市場のすぐ傍だ。
 中は、まぁ普通の酒場。
 吟遊詩人が歌を歌い、わいわいがやがやと騒々しい。
 
 マラスはどこに居るのだ?
 まぁ、おそらく隅の方でひっそりとしているだろうがな。

レイジィ「あんたがマラスか? メイビンに言われて来たんだが」
マラス「やる事がたくさんあるから、手短に話すぞ」
 
 マラスの話では、ホニングブリューの所有者サビョルンは、ホワイトラン衛兵長のために試飲会を開こうとしているそうだ。
 そこで盗賊ギルド側は、それを妨害するために、ハチミツ酒に毒を盛るのだと言う。
 
レイジィ「……で、毒はどこにあるのだ?」
マラス「いやいや、それがこの計画のすばらしいところさ。サビョルンから俺達に手渡すように仕向けるのだ」
レイジィ「?」
 
 それはこういうことだ。
 現在、ハチミツ酒醸造所は深刻な害虫問題を抱えていて、街中がそのことを知っているのだ。
 そこで俺は、害虫駆除と語り、サビョルンに手を貸す形となるのだ。
 害虫用の毒を受け取ったら、醸造用の大樽に投げ込む。
 
 それで上がりだ。
 
レイジィ「いい計画だな」
マラス「メイビンと数週間かけて計画した。あとはお前がやり遂げるだけだ」
レイジィ「よし、任せておけ」
 
 
 というわけで、ホニングブリューにやってきた。

 ここが害虫に困っているという。
 確かに害虫、というかネズミが転がっている。

レイジィ「何か困っているようだな」
サビョルン「何だって? この場所の有様を見てみろ!」
レイジィ「ネズミの死骸だらけだねぇ」
サビョルン「衛兵長のために、ホニングブリュー・リザーブの新酒の試飲会を開く予定なんだ。だがハチミツ醸造所のこの有様を見られたら、もうお終いだ……」
レイジィ「なんなら力を貸してやってもいいぜ」
サビョルン「本当か? ただの親切心から助けてくれるわけじゃないのだろう?」
レイジィ「いいってこと」
サビョルン「頼みはただひとつ。信用を完全に失う前に、この害獣どもを永久に葬り去ってくれ」
レイジィ「任せておけ」
サビョルン「ほら、これが毒だ。ネズミ共の巣に撒いてきてくれ」
  
 
 害虫駆除お任せあれだ。
 そしてお前の醸造所はオシマイになるわけだがなw
 
 
 地下に降りると、そこにもネズミがうようよしていた。

 罠もしかけてあるようだが、焼け石に水って状況だな。
 
 ネズミは俺達にも襲い掛かってくる。

 ――が、シャヴァーリと共に迎撃しつつ奥へ進んでいく。
 とりあえずは巣を探さないとな。
 
 
 しばらく地下道を進むと、誰かが地下で何やら作業をしていた。

 害虫のいる中何をしているのだ?
 一体何者?

 ――と、近寄って行ってみると、問答無用で襲い掛かってきた!
 
 なんだこいつは!

 二人掛かりでボコボコにしてやれ!
 俺はそんなに戦闘に長けているわけではないが、シャヴァーリは違う。
 いつかサルモールの力となり戦おうと希望している彼女は、それなりに戦闘知識を持っているものだ。
 どちらかと言えば暗殺向けで、こういった正面切った戦いはどうなのか?
 
 だが――
 
 らちが明かないので、強攻策に出ることにした!

 抱え投げ、レイジィ雪崩落としだ!

 これでくたばれ!
 
シャヴァーリ「無理しちゃって……」
レイジィ「まぁ、こんなもんだ」
 
 しかしいったい何者なんだよ……

 とりあえず邪魔者は片付いた。
 ここが巣のようだからもらった毒を撒いておくか。

 全部使ってはいけない、残りはハチミツ酒醸造所に投げ込まなければな。
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記