home > 投稿 > > 響き渡る声明 ~中編・金庫を狙え~

響き渡る声明 ~中編・金庫を狙え~

 
 ゴールデングロウ農園へ通じる下水道を抜け、ようやく農場に入り込んだ。
 そしてアリンゴスの屋敷へ潜入することに成功したのだ。
 

 しかし屋敷の中は、巡回する傭兵が居るものだ。
 見つからないように移動するのも一苦労。
 まずは二階から調べよう。
 

 二階でアリンゴスを発見!
 選択の余地は無かった?
 何のことだ?
 まぁ俺にとっては、どうでもいいことだ。
 別にあんたがどうなろうが知ったことではない。

 欲しいのはこれだけだ。
 金庫の鍵、これさえあれば、な。
 

 アリンゴスは怯えているのか、傭兵を呼ぶ気もなさそうだ。
 
レイジィ「驚かせてすまんかったな、ギルドは何も言ってないぜ(嘘)」
アリンゴス「本当か?」
レイジィ「ああ、だから大人しくしていたら何も問題ない」
 
 などと話しながら部屋を見渡す。
 ここには金庫は無い。
 一階にもなかったので、恐らく地下にあるのだろう。
 再び傭兵に見つからないように移動することに……
 
 地下を進むことしばらくして、これ以上進むには傭兵の目の前を通るしかない所に差し掛かった。

 恐らくあの先に金庫があるだろう。
 
レイジィ「傭兵の目の前を通らないとダメだな」
シャヴァーリ「あたしが傭兵を押さえておくわ」
レイジィ「大丈夫か?」
シャヴァーリ「多少の時間稼ぎぐらいならできるから、早く仕事済ませてちょうだい」
レイジィ「わかった」
 
 そして堂々と飛び出すシャヴァーリ。
 当然傭兵に見つかることになるが――
 
傭兵「誰だ貴様は!」
シャヴァーリ「まずい時に道に迷ったようね」
 
 今だ!
 
 戦い始めた二人の傍をすり抜けて地下に飛び降りる。
 急いで金庫を探さなければ!

 金庫発見!
 急いで扉を先ほどアリンゴスから盗み取った鍵で開く。
 中身はお金と一枚の書類だった。
 
 

 ふむ……
 農園を売るのか?
 ガラム・エイが代理人? 誰?
 ま、俺にはどうでもいいことだけどね。
 政治的なことはブリニョルフに全部任せよう。
 ということで、これを届けるのが俺の使命ということだ。
 
 金庫にあったお金は、俺の懐に転がり込むことになるがなw
 
 さて、あまりモタモタしていたらシャヴァーリが危ない。
 用も住んだことだし、ここからは即今撤退しよう。
 
レイジィ「シャヴァーリ! 仕事は終わった、ズラかるぞ!」
シャヴァーリ「わかったわ、行きましょう!」
傭兵「待て! 逃がさんぞ!」
 
 
 傭兵が追いかけてくるが、地下室の先には下水道に通じる穴が開いていた。
 そこに飛び込むと、傭兵は俺達の姿を見失ったようだ。
 
 うまくいったな。
 
 後は、蜂の巣を3つ焼き払えば良いだけだ。
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記