home > 投稿 > > 指輪と濡れ衣と初仕事

指輪と濡れ衣と初仕事

 
ブリニョルフ「さあさあ、皆さん! お集まり下さい!」
シャヴァーリ「始まったようね」
レイジィ「マデシの店の下にある金庫か……」
ブリニョルフ「皆さんに注目して頂きたい素晴らしい品がございます!」

 彼の元にみんな集まっていったな。
 
ブラン・シェイ「おいおいブリニョルフ、今度は一体何だ?」
 
 
 みんながブリニョルフに注目している隙に、仕事を済ませないとな。
 マデシは宝石職人だとか、つまりここだな。

 確かに金庫がある。
 
ブリニョルフ「お坊ちゃま、お嬢さま方、ここに御座いますはファルメル万能血液薬!」
ブラン・シェイ「おい、まさかスノーエルフについて話してるのか?」
 
 怪しげな薬を売っているのだな。
 どんな効果があるのだ?
 
シャヴァーリ「私が陰を作っているからさっさと盗んでしまいなよ」
レイジィ「そうだった、ちょっと待てよ……」

 これか……
 
 街の人は全員ブリニョルフに注目していて、こちらに注意を払っていない。
 とりあえず指輪を盗み出すことには成功したぞ。
 あとは、これをブラン・シェイの懐に忍び込ませればよいのだ。
 
 ブラン・シェイと言えば、ダークエルフの商人だそうで。

 つまりこの人のようだな。
 気づかれないように、そっと仕込む……
 なんか俺、意外とこういうの得意かもしれないな。
 最初にたどり着いた街が、こういう怪しい所だったのはツイてるな。
 
 
ブリニョルフ「どうやら仕事に最適な人間を選べたようだな」

 俺、人間じゃなくてアルゴニアンなんだけどな。
 
ブリニョルフ「ここの所の状況を考えれば、何の問題もなく上手くいって正直ほっとした」
レイジィ「何が起こっているんだ?」
ブリニョルフ「俺の組織では不運が続いていな……」
レイジィ「ギルドのことか?」
ブリニョルフ「だがそれはどうでもいい、お前はちゃんと仕事をこなしたんだ。まだまだ稼げるぞ、自信はあるか?」
レイジィ「もちろんだ」
ブリニョルフ「よし、そいつを試してみるとしよう」
 
 盗賊ギルドの本拠地は、リフテンの下、ラットウェイというところにある、ラクド・フラゴンという酒場だそうだ。
 そこまで無事にたどり着けたら、俺の力を試させてもらえるようだ。
 ラクド・フラゴンだな?
 よーし
 
 などと考えていたら、突然リフテン衛兵の怒声が響いて来た。
 
リフテン衛兵「さあブラン・シェイ、ポケットをひっくり返せ。持っているのは分かっているぞ!」
ブラン・シェイ「何を持ってるって? 一体何の話をしているんだ?」

 衛兵の検挙早っ!
 つーか、なんで俺が忍び込ませた指輪の事を知っているんだよ……
 
 これが盗賊ギルドの情報網で、衛兵はすでに手懐けられているとか?
 こえー……
 

 そしてブラン・シェイは連行されていった……
 
シャヴァーリ「やっぱり気に病むの?」
レイジィ「俺は、仕事をしただけだ。それに衛兵の動きも早すぎる、最初から仕込まれていたのかもしれん」
シャヴァーリ「それもそうね」
 
 こんな仮説も立つ。
 もともと何らかの事情でブラン・シェイは近いうちに消される運命にあった。
 罪は盗みでも何でもいいのだ。
 一方ブリニョルフは仕事ができる人材を探していた。
 仕事と語って俺をテストしていたのかもしれない。
 ブラン・シェイを消すのと、人材探しを同時にやったということも否定できない。
 だから衛兵がすぐにやってきたのも、ブラン・シェイが逮捕される出来レースだったからなのだ。
 
 気に病む必要は無い。
 こんなのいちいち気にしていたら、盗賊なんてやってられねーよ。
 
 
 さて、ラットウェイのラクド・フラゴン。
 どこだ?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記