home > 投稿 > > 第二十話 ~一族の家宝~

第二十話 ~一族の家宝~

 
「とある裕福な一家が、先祖伝来の宝を誤った場所に置いてしまったんだ」

 今回はヴィルカスが仕事を持ち込んできた。
 山賊が日々、幅を利かすようになり、秩序を失ってしまったところがあるようだ。
 
「取り戻してこよう」
「期待しているぞ。同胞団に名誉をもたらしてくれ」
 
 
 今回の目的地は、リフテン南部にあるブロークン・ヘルム・ホロウ。
 そこから家宝を取り戻してくるのが任務となっている。
 
 戦うだけでもなく、盗品の奪還も請け負っているのだ。
 同胞団、何でも家ってイメージなのかもしれない。
 
 というわけで、男はさっそくそこに向かう事にした。
 
 
 ブロークン・ヘルム・ホロウ――

 そこは、滝の裏に隠された隠れ家って感じの場所だった。
 この隠れ家のどこかに、ドワーフの斧が隠されているはずだ。
 
 男は両手に二本の剣を握りしめ、その隠れ家に突入していった。
 

 そこは山賊のねぐらになっていたようだ。
 突然の侵入者に、武器を持って立ち向かってくる山賊達。
 
 
 その時だ!
 またしてもウェアウルフと化す男。

 狩りを楽しむハーシーンの狩人と化していた。
 ハーシーンの虜になりつつあるのかもしれない。

 ――が、そこには狩りを楽しんでいる男が居たのだ。
 
 群がる山賊どもを蹴散らし、あとは頭の山賊長が残されるだけとなった。
 山賊長は何度も突撃を試みるが、ウェアウルフの驚異的な腕力で弾き飛ばされるばかりだ。
 
 何度も何度も弾き飛ばしているうちに、山賊長は弱ってきた。
 立ち上がるのも精いっぱいという感じだ。
 
 
 おもむろに山賊長の首をつかむ。

 そして力任せに握りつぶす、驚異的な握力だ。

 万事休す……
 
 ウェアウルフは山賊長の首を引きちぎってしまったのだ……
 山賊長は無残な死体と化していた……

 ますます凶暴性を増しているようだ。
 
 ………
 ……
 …
 
 
 ドワーフの斧は、隠れ家の奥にあった宝箱に格納されていた。

 これを持ち帰り、任務完了ということとなった。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記