home > 投稿 > > 第十八話 ~ハーシーンに気に入られし者~

第十八話 ~ハーシーンに気に入られし者~

 
 男は夜の森を彷徨っていた。
 ウェアウルフの血のためか、夜が心地いい。
 同胞団の仕事の報告もまだなので、このまま一旦アエラの所に戻っておこうか、とか考えていた。
 
 ………
 ……
 …
 

 気がつくと、目の前に青白く輝く獣が姿を現していた。
 なんだこいつは? と男はあっけに取られていた所、唐突に頭の中に声が響いてきた。
 
「狩人よ、良い所で出会った。いつでも戦える力が欲しいか?」
 
 響いてきた声は、男を試すようでもあり、誘っているようでもあった。
 
「力とは何だ?」
 
 男はかすれるような声で聞き返した。
 
「栄光の追跡者がハーシーンと口にすれば、その視線に狩りの化身が宿る」
 
 デイドラのハーシーンだ……
 ウェアウルフ化という物は、そもそもハーシーンによって作られたものだと聞く。
 そしてウェアウルフが死ぬと、その魂はハーシーンの領域であるハンティンググラウンドに行き、
 そこで永遠の狩りを楽しむことになると言われている。
 
「この指輪を与えよう。獣の血の力を増幅することができる」
 
 そう言い残すと、ハーシーンの姿は消えていた。
 
 気がつけば、男の手に一つの指輪が握られていた。
 
 ハーシーンが与えてくれた指輪。
 これを使えばいつでもウェアウルフ化できるそうだ。
 ハーシーンの指輪があれば変身はコントロールできると言われている。
 これで昼間でも存分に戦えると考えた。
 
 この時は、こう思ったものだ。
 唐突だが、いいものをもらったと……
 
 
 さっそくその指輪をはめてみる。
 すると突如として沸き起こる狩猟衝動。

 男はウェアウルフ化していた。
 
 
 その夜は、思うがままに森の中を駆け巡ったのであった。

 本能の赴くままに……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記