home > 投稿 > > 第十話 ~夜の狩り~

第十話 ~夜の狩り~

 
「シルバーハンドの活動に関する噂を聞いたの」
 
 今回もアエラからシルバーハンドの情報を聞くことになった。
 ウィンターホールドにあるフェルハメール砦に留まっているシルバーハンドの頭に関する噂だ。
 この頭を倒すことで、シルバーハンドの勢力は弱まるはずだ、と。
 
 男は早速ウィンターホールドへと向かった。

 男は砦を見下ろせる場所についた時には、すでに夜になっていた。
 今回の仕事は、この砦の制圧である。
 同胞団の敵であるシルバーハンドの拠点は、ことごとくつぶさなければならないのである。
 
 男は野獣の力を解放することにした。
 丁度夜になったというのもあり、再びあの圧倒的な力を味わいたかったのだ。
 
 

 
 
 沸き上がる狩猟衝動が生じる。
 
 さあ、狩りの時間だ!
 
 
 周囲のオオカミの群れも、ウェアウルフと化した男に同調してついてきた。
 
 砦に突入し、目の前に居た見張りを鋭い爪で吹き飛ばす。

 男は狩りを楽しむハンターと化していた。
 ふと、背中に鈍い痛みが走る。
 後ろに弓を持った見張りが居たのだ。
 
 男は怒り狂い、その見張りに飛びかかって行った。

 そして何度も何度も!
 弓を放った見張りが、無残な肉塊と化すのにそう時間はかからなかった。
 
 肉にかぶりつき、血をすすり、大きく吠えた。
 
 
 
 
 砦の中に居たシルバーハンドの頭は、外の騒がしさが気になっていた。
 オオカミの遠吠えがしきりに響くが、オオカミの襲撃にしては騒ぎが大きすぎる。
 
 外の様子を見に行こうと身を起こした所で、突然入口のドアが破壊される音が聞こえた。
 そして何者かが飛び込んできたのだ。

「ウェ、ウェアウルフ!」

 一瞬の出来事であった!
 頭が気がついた時には、鋭い爪で喉を切り裂かれた後であった――

 シルバーハンドの頭は食われてしまった……
 
 
 一匹のウェアウルフのために、この砦は一夜のうちに滅び去ったのであった。
 

 
 
~ Mission Complete ~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記