home > 投稿 > > 霊魂の確認 ~オグマ・インフィニウム~

霊魂の確認 ~オグマ・インフィニウム~

 
 さて、セプティマスが依頼していた血液を全て集めることができたので、再び北の果てに戻ってきましたよ。
 箱か……

 セプティマスの言っている箱はこれのことか。
 中には一体何があるというのか?
 
ラムリーザ「頼まれた血を全て集めたよん」
セプティマス「もう少しで、聞こえそうだ。彼らのエネルギーを感じる。来い、混合を始めるとしようぞ」
 
 セプティマスに抽出機を渡すと、それを持ってなにやら始めた。

 混ぜてるのか?
 エルフの血を混ぜたら何になると言うのだろう?
 ハイエルフとノルドの血を混ぜるとブレトンになるそうだけどw
 
 混ぜ終わったときにそれは起こった。

 箱の横面についていたリングがグルグル回る。
 いったい何が起きるのか?
 
 回転が止まった次の瞬間、輪が伸びるように奥へと広がり――

 奥へと通じる道が現れたのだ。
 なんかアポクリファみたいだなw
 
 奥には祭壇があるようだ。

 その上に置かれている物は……、本?
 ハルメアスが関わっているから、知識が関係してきているのだろうな。
 
セプティマス「何だこれは……、これは……、ただの本か?! 超越した世界は心の中で燃えるのだ。素晴らしい!」
 
 そういい残すと、セプティマスは――

 雷に打たれたようになり――
 ささやき - いのり - えいしょう - ねんじろ!

 失敗! セプティマスは灰になった!
 
ラムリーザ「なっ……(;´Д`)」
リセッテ「…………」
ラムリーザ「やっぱデイドラにかかわるとこうなるか……(。-`ω´-)」
 
 ハルメアスの仕業だな
 
 起きてしまったことは仕方ない、とりあえず本を調べよう。
 台座の上にあった本は、「オグマ・インフィニウム」だ。

 内容は意味不明w
 
ラムリーザ「本のタイトルから言って、見えないスイングでも習得するのかな?」
ウラッグ「ちと古いぞ、それはオズマだ」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 久々の幻聴(;´ー`)
 
 まあいい、戻ろう。
 来た……(;´Д`)

ハルメアス「我が勇者、こちらへ」
ラムリーザ「すまんがお前の擁護者ではないっ!m9(`・ω・´)(言ってやった言ってやった)」
ハルメアス「誰がここにセプティマスを連れてきた?お前は箱を開けるため、私の知識を世界に放つために旅をしてきた。その間にお前を守ったのは誰だ?」
ラムリーザ「俺の実力だ!m9(`・ω・´)(言ってやった言ってやった)」
ハルメアス「自由な意思があるなど思い違い。認める、認めないは勝手だが、私は心に入り込む」
ラムリーザ「ふん、入れるもんなら入ってみやがれ!m9(`・ω・´)(言ってやった言ってやった)」
リセッテ「…………」
 
 とまあ、デイドラをいちいち恐れていてはいかんのだw
 オグマ・インフィニウムには、時代の知識が詰まっているそうだが、そんなもん要らん。
 デイドラ品はどっかに封印してくれるわー。
 
 
リセッテ「デイドラには強気なのに、なぜサルモールには逃げ腰なのかしら?」
ラムリーザ「サルモールが怖いのではない、エレン姉やんがこわいのだ!(`・ω・´)」
リセッテ「はいはい」
 
 以上、セプティマスの依頼おしまい。
 ……セプティマスは灰になったけどw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記