home > 投稿 > > 呪われた部族 ~弱虫で小物で、そして恥さらしの族長~

呪われた部族 ~弱虫で小物で、そして恥さらしの族長~

 
ヤマーズ「素晴らしい働き振りだ。真の闘志が宿っているのだな。私よりも巧みにやってのけるなんて」
ラムリーザ「同然だw」
 
 巨人を退治し、持っていたハンマーをヤマーズの元に持ち帰ると、彼は賞賛してくれたのだ。
 
 しかし……

 こらw
 こいつはとことんダメなやつだなーあっ!
 
 襲い掛かってきたよ!

 わんわんお、押さえとけよ~
 馬鹿め!

 お前の恐れた巨人を簡単に倒せた俺が、お前を簡単に倒せないわけがないだろうがw
 まだブジョルドの方がマシだったな……
 
 その時、再びマラキャスの声が響いてきた。
 
マラキャス「ヤマーズは愚か者だ。責任から逃れようと、いつもくだらん計画を練っていたからな」
ラムリーザ「激しく同意(^ω^)」
マラキャス「だが、お前は奴と巨人達のどちらの面倒も見てくれたな。一石二鳥というわけだ」
ラムリーザ「ぬっ……」
マラキャス「シャグロルのハンマーをラーガシュブールに持って帰れ。それから残りの連中をどうにか鍛えてやるとするか」
 
 これはデイドラの為に働いてしまったか……、不覚(´・ω・`)
 まいっか、こっちもついでだ。

 お前の血をもらうからなw
 これでオークの血を採血したことになる、あと3種類!
 
 ………
 ……
 …
 
ラムリーザ「シャグロルのハンマーを持ってきたよん」
アタブ「しかし、ヤマーズはとうした?」
ラムリーザ「知らん、巨人にやられたみたいw 勇敢に戦ってたみたいだよww」
リセッテ「ニヤニヤしながら言わないの!」
 
 とりあえず、オークの名誉を守ってやることにした。
 アレでもここの族長だったもんな。
 まさか裏切った――、などとか言えば、アタブは非常に落胆するだろうし。
 
 しかし……
 
マラキャス「ヤマーズは臆病者で弱虫だった。奴のごまかしのせいで、お前たちはみた多大な被害を被ってきたのだ」
ラムリーザ「ちょ、俺のフォロー台無し(^ω^)」
アタブ「では彼は罰を受けたのか?それなら我々は?どのような運命に苦しめられるのだ?」
マラキャス「お前達は自分のあかしを立てる必要があるが、その機会を与えてやろう。今の族長はグラーゾブだな。奴が前よりましな長である事を願うがいい」
 
 あとは、シャグロルのハンマーを捧げるだけか。
 とりあえず設置

 ハンマーなんて持ってても仕方ないし、デイドラ品なんて家宝にもならんw
 
 この集落も新たな族長を得て動き出すだろうし、俺もオークの血が手に入った。
 一石二鳥ということで、今回のミッション終わりっ。
 
~ Mission Complete ~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記