home > 投稿 > > 呪われた部族 ~巨人狩り~

呪われた部族 ~巨人狩り~

 
ヤマーズ「先導しよう。だが援護はしっかり頼むぞ」

 ファロウストーン洞窟だ。
 巨人の野営地によく見られるペイントが施されている。
 確かにここが巨人の住処のようだ。

 熊だ!
 ヤマーズも熊に飛び掛っていく。
 うむ、元気じゃないか。
 援護はしっかりと頼むぞということなので、タイミングを計って矢を打ち込んだが――

 何故俺が近接戦を?
 途中何度か熊が襲い掛かってきたが、ヤマーズとのコンビでどんどん退治していく。
 呪われているというが、元気じゃないか。
 この分だと上手く行きそうだな。

 そんなこんなで順調に進んでいく。
 洞窟を進んでいくと、途中から木々が茂る場所に出てきた。
 ただの洞窟じゃなさそうだな……
 
 そろそろ巨人のお出ましか?

 この奥に巨人が居そうだが……
 ここまで来た地点で、ヤマーズはグズりだした。
 何週間もまともに寝ていなくて疲れているから、戦えないと言うのだ。
 なんやね、熊相手には必死に戦っていたじゃないかw
 
 つまり、俺が戦って巨人からハンマーを奪ってくれば良いと言う事か?
 自分が倒したことにするから黙っていてくれればいいって、どこまで小物なんだよw
 何だかソルスセイムのブジョルドと同じだな……(。-`ω´-)
 まさに「値しない者ヤマーズ」だなw
 
 まあいいや、一人の方が戦いやすいからな。
 わんわんおが邪魔になることがあるけどw
 
ラムリーザ「オーケー、引き受けよう」
ヤマーズ「助かる。ではここで待っているとしよう」
ラムリーザ「その代わり、終わったら血をくれよw」
 
 
 というわけで、ヤマーズを残して奥に進んでいくことにした。
 すぐに奥から巨人の咆哮が聞こえた。
 気配を察して襲い掛かってきたか?

 来た!
 落ち着いて急所に撃ち込んでやれば、巨人もイチコロよ。

 ハンブルグの黒い霧!(謎)
 顔面撃ちが決まったぜ!
 
 
 さて、ヤマーズの話ではこいつがハンマーを持っているはずだが――

 シャグロルのハンマー
 これがマラキャスの言っていた「親玉の棍棒」であり、ヤマーズが取って来いと言ったハンマーだな。
 
 ふぃ……
 
 改めて回りを見渡してみる。

 なるほどね。
 ここは巨人の住処である前に、マラキャスの祠だったんだ。
 それがこのように巨人にいいようにされている、それでマラキャスが怒ってたんだな。
 
 
 さてと、ハンマーは奪ったことだし、ヤマーズの元に戻るか。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記