home > 投稿 > > 霊魂の確認 ~血液の採集、ハルメアス再び~

霊魂の確認 ~血液の採集、ハルメアス再び~

 
「渡すんだ、早く」
 セプティマスに再開し辞書を見せると、彼はそう言って取り上げた。
 かなり間が開いたのだけど、覚えてたのねw
 なんか「途方も無いものだ」とか言ってるが、俺には何のことやらさっぱり(;´ー`)

セプティマス「封印構造が最小の非整数次元に組み込まれている」
ラムリーザ「いや、意味分からんてw」
 
 箱――、箱という物は奥に見えるドゥーマーの仕掛けらしい――、を開けるためには血が必要だと言う。
 ドゥーマーの血が良いらしいが、今ではドゥーマーは絶滅している。
 その代わり、生きているエルフ達の血が必要だ、と。

 そこでこんなものもらった。
 この抽出機で、各種エルフの血を集めて来いと言うのだ。
 
 めんどくさ……
 
 そもそもセプティマスは、デイドラの王子ハルメアスと話をして、知るべき秘密を知ったのだという。
 ハルメアスが代償を求めることは彼も知っているが、むろん俺も知っている。
 ミラークを倒すために、な。
 
 その時俺は思った。
 このじいさん、ハルメアスに殺されるな、とw
 ハルメアスの知識でこの場所を知ったというが……、なぁ……
 
 しらねーぞっと(;´ー`)
 
 
 …………(;´Д`)
 

 
 出た、ハルメアス……
 近づくと、ハルメアスはこちらに語りかけてきた。
 
ハルメアス「お前がミラークを倒して以来、動向を見守ってきた。目を見張るほどの成長ぶりだな」
ラムリーザ「……で、今度は何?(;´ー`)」
ハルメアス「お前が支援を続けることで、セプティマスはさらに用なしとなる。奴はよく尽くしてくれたが、そろそろ終わりだ」
ラムリーザ「やっぱりねぇ……」
ハルメアス「黄泉の鍵箱が開いてしまえば、奴の利用価値は完全になくなるのだ」
 
 まったく、デイドラは人の命を軽く考えすぎだ。
 先日のデイゴンもそうだったな。
 
 何故か俺だけは重宝しているようだけどw
 
ハルメアス「その時が来たら、お前が奴に取って代わり、私の使者になるのだ。どうだ?」
 
 スコール村のフリアの忠告が頭をよぎった。
 ハルメアスが、ミラークを倒すために俺を仕えさせたというのだが、それ以上の誘惑に乗ってはダメ、と。
 もともとデイドラに従う気は無いけどなw
 
ラムリーザ「悪しき悪魔め、お前の味方はしない!m9(`・ω・´)(言ってやった言ってやった)」
ハルメアス「警告しておく。大勢がそう考えた。その全員が気力をくじいた。お前も永遠に逃れられない」
 
 ハルメアスはそういい残すと、姿を消してしまった。
 
 
 やれやれだ……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記