home > 投稿 > > メエルーンズ・デイゴン

メエルーンズ・デイゴン

 
 サイラスは、メエルーンのカミソリの破片を祭壇において語りかけた。
 しかし何も起こらなかったので、代わりにやってくれと俺に言ってきたのだ。
 
 あまり気乗りはしないが……

 そっと祭壇に触れてみる。
 すると、辺りにぞっとする声が響き渡ったのだ。
 
デイゴン「定命の者よ、話をしてやってもいいぞ。お前は我がカミソリの破片を己のものだと言い張っているな。なかなか面白い見世物だったぞ」
ラムリーザ「言うとらん、言ってるのはサイラスだ。俺はただの傍観者w」
デイゴン「だが盤上に駒が残っているうちに、デイゴンは勝者を宣言しないのだ。サイラスを殺せ。奴と奴の家族はもう用済みだ」
ラムリーザ「えー……、だったら俺帰るよ(;´Д`)」
デイゴン「奴を殺せ。我が勇者として己に定められた事をするのだ。さもなければお前をひねり潰すぞ」
ラムリーザ「おーおー、やれるもんならやってみやがれーえっ!」
リセッテ「ちょっと?!」
 
 この会話を聞いて、サイラスは焦ったようだ。
 そりゃそうだろうな、デイゴンに殺されるよう言われたのだからw
 
サイラス「待て、待て。殺さないでくれ、他にも方法はある」
ラムリーザ「俺達が帰れば駒はお前だけになるから、帰るわw」
サイラス「いや、これらの破片を博物館に持ち帰ればいい。展示箱にしまってしまおう」
 
 お前が逃げるかw
 深遠の暁の宿命はどうしたw
 
 
 まあよい。
 
 
 おれもデイドラに従うつもりはない。
 デイドラに逆らう主義なのだw
 
ラムリーザ「んじゃ、はよ帰れw」
サイラス「礼を言う。さあ受け取れ。ドーンスターまで逃げるとしよう」
 
 ――とサイラスは言うと、いくらかの金を渡して逃げ出した。
 
 
 すると再び響き渡る声。
 
デイゴン「メイルーンズ・デイゴンを裏切る気か? 苦しむが良い!」
 
 その声を合図に、突如現れる二体のドレモラ!

 逆らった結果がこれかw
 サイラスはとっとと逃げているようだが――
 まずいな、リセッテが狙われている!
 

 素早く反応したのはいつもどおりのわんわんおとカッシーだ。
 ジェイザルゴも雷撃誤爆するなよw
 そーれっと。

 デイドラをさっさと蹴散らして、この場の混乱を治めたぞ。
 やっぱりデイドラと関わるとろくなことは無いと思うわ。
 
 サイラスも今回の件で懲りただろう。
 二度とデイドラと取引しようとする気になるんじゃないぞ、っとw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記