home > 投稿 > > カミソリの修復に向けて

カミソリの修復に向けて

 
サイラス「ついにピースが全て手に入った。そろそろ少し教えてもいいだろう」
 

 サイラスは、4つ目のピースである展示されている鞘を見せてくれた。
 それはカミソリの収納用として作られたものだそうだ。
 
 そして、ドラゴンの祠に持っていき、変化の王と直接交信することで全てのピースを組み立てることができるのだ。
 
サイラス「小さい頃から深遠の暁については奇妙な宿命を感じていたが、今それが何なのか分かった」
ラムリーザ「こいつ……(カミソリ修復して皇帝暗殺する気だなw)」
サイラス「分からないか? 我ら二人が出会ったのは運命だ。デイゴンは現れるに違いない。あと一歩なんだ」
ラムリーザ「……(何が運命だ?)」
サイラス「祠で会おう」
 
 そういい残すと――

 サイラスはその場を立ち去った。
 
リセッテ「どうするの?」
ラムリーザ「やりたいようにやらせてもいいが……」
ジェイザルゴ「一人で行かせるのは危険だと思う」
ラムリーザ「しょうがないな」

 祠で会おう、か。
 
ラムリーザ「あ、いかん」
リセッテ「どうしたの?」
ラムリーザ「祠の場所知らん、追えーっ!」
リセッテ「…………」
 
 というわけで、サイラスを追って行くことにしたのだ。

 待て待て待て待てそれピーピーw
 
 ………
 ……
 …
 
 着いた所は、とある山の山頂だった。
 うーわ!

 メエルーンの石像だ!
 
サイラス「よろしい、よく来たな。祭壇にピースを置けば、デイゴンが話しかけてくるはずだ」
 
 サイラスは、頂上に置かれていた祭壇にピースを置き、デイゴンに語りかけ始めた。

サイラス「変化の王メエルーンズ・デイゴンよ、カミソリを持参した。タムリエルに再び刃の完全なる栄光をもたらしたまえ」
 
 ………
 ……
 …
 
 …
 ……
 ………
 
サイラス「何も起こらない、試してくれないか? 祭壇に手を置くだけでいい」
ラムリーザ「いや、俺はデイドラと関わりたくないw」
サイラス「そういわず、頼む!」
 
 結局俺か……
 またデイドラ騒ぎになるんだろうなーあっ!(;´Д`)
 
 
 さてと――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記