home > 投稿 > > 3つ揃ったメエルーンのカミソリの破片

3つ揃ったメエルーンのカミソリの破片

 
 メエルーンのカミソリの破片、最後の一つはモーサルに住むヨルゲンという者。
 というわけで、今度はモーサルに出かけることになった。
 
リセッテ「想像の地、再びねw」
ラムリーザ「知らんがな(´・ω・`)」

 モーサルだ。
 ここではかくれんぼをしたり、吸血鬼退治をしたり、いろいろな思い出がある。
 冬に来たときは、雪が積もり霧に覆われていたが、今は夏で緑がいっぱいだ。
 
 さっそくヨルゲンという者を探すことにした。
 ヨルゲンは、モーサルにある材木工場の近くに居た。
 彼がそうだ。

ラムリーザ「え~と、メエルーンズのカミソリの破片を探しているのだが?」
ヨルゲン「何の話か分からんな、よそ者よ」
 シラを切る気だな?
 それに、モーサルの従士を捉まえてよそ者とはなんだこいつは……w
 首長に言いつけるぞw
 
ラムリーザ「サイラスのこのメモ見てみろや、お前のことが書いてるぞ」
ヨルゲン「その名は聞いた事がある。父は彼が深遠の暁と関わりがあるのではと疑っていたが、どうやら当たっていたようだな」
ラムリーザ「じゃあそれを頂く」
ヨルゲン「あきらめろ。滅びた教団から『カミソリ』を守るために、我が一族は8世代もの歳月を無駄に費やしたんだ」
ラムリーザ「それじゃあもうええが。無駄なことを8世代も費やしてw」
ヨルゲン「そんなにあの柄が欲しいのか?」
ラムリーザ「欲しいのはサイラスだけどな」
ヨルゲン「いいだろう、これが鍵だ。柄は家の中の宝箱に入っている」
 
 

 カミソリの柄は、確かにあった。
 
ラムリーザ「これで全部揃ったな」
リセッテ「意外と穏便に済んだね」
ラムリーザ「抵抗したら、ころしてでもうばいとっても良かったけどねw」
リセッテ「…………」
 
 とまぁ、これで必要な破片は全て揃ったことになった。
 後はサイラスに報告するだけだ。
 
 ………
 ……
 …
 

ラムリーザ「ほれっ、3つすべて集めてきたぜいっ」
サイラス「いっぺんにか! やるじゃないか、気に入った。さあ、報酬だ」
 
 サイラスは報酬として3600Gも支払ってくれた。
 かなり気前がいいなー。
 博物館やるぐらいだから、金持ちか?
 
 まあよい。
 もらうものはもらったんだ。
 
 これで仕事は終わり、かな?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記