home > 投稿 > > サイラスの依頼

サイラスの依頼

 
 さて、ドーンスターにある深遠の暁博物館にやってきた。

 ここがその博物館だ。
 入り口で待っているのが、多分サイラスだろう。
 
サイラス「最初の来館者が来たか。友よ、深遠の暁博物館にようこそ!」
ラムリーザ「最初か……、まぁ、深遠の暁だもんな……、一般人は怖がるわなw」
サイラス「ぜひ入ったらどうだ?陳列物を眺めながら話ができる」
ラムリーザ「リセッテ、見たいん?」
リセッテ「折角だから見てみましょうよ」
サイラス「是非是非、それに、頼みたい仕事もあるんだ」
ラムリーザ「まさか皇帝の暗殺?(;´ー`)」
サイラス「違う!」
 
 というわけで、中に入ってみました。
 
 中には陳列棚が並んでいて、その中には深遠の暁が使用していたものが展示されている。

 ローブ……
 展示物ごとに、サイラスは得意げに説明をしてくる。
 
 んで、このローブは深遠の暁が秘密の会合でみにつけたもののようで、
 会合ではメエルーンズ・デイゴンをタムリエルにもたらそうと計画していたというのだ。
 ローブの政策に使った紡ぎ糸は、一巻き一巻きが生贄の血で染色されているとか……
 
リセッテ「悪趣味ね……」
ラムリーザ「破壊をもたらすデイドラ信者だしな」

 これは何ぞ?
 サイラスの説明では、これは伝説のザルクセスの神秘の書だそうで。
 ほとんど燃えてしまって、現存するのはこれ一枚きりのようだ。
 マンカー・キャラモンがその本を使い、自分の従者が永久に暮らせる楽園への転移門を開いたとか……
 
 
ラムリーザ「それはさておき!」
 俺は深遠の暁にそれほど興味は無いので、仕事だけを聞き出すことにした。
 
ラムリーザ「頼みたい仕事とやらを聞かせてくれ」
サイラス「まず歴史を少々」
 もったいぶるやつだ、というか説明したがり屋だなw
 
サイラス「オブリビオンの動乱以降、深遠の暁の残党を一掃しようとするグループが急増した」
ラムリーザ「まー、やってきたことを考えたら仕方ないわな」
サイラス「その中の一つが、デイゴンの秘宝『メエルーンのカミソリ』を発見した」
ラムリーザ「カミソリですかw」
 
 カミソリという木の葉ではないのか? などと考えてみたりするが、まぁそれはありえないだろう。
 そのカミソリは、メエルーンズ・デイゴンの秘宝で、常に血塗られた変化と大虐殺の到来を告げてきたという。
 そのグループは、それを3つの破片に分割し、永遠にバラバラに保管することを誓ったのだ。
 そしてそれは150年ほど前の事で、破片はいまだそのグループの子孫が保管しているというのだ。
 
一人目は略奪者のグンズル。
二人目も同じ虐殺者のドラスキュア。
三人目はモーサルに住んでいるヨルゲンと言う者だそうだ。
 
 サイラスは3人に関するメモを渡し、破片を手に入れてくれたら、喜んで礼をしようと言った。
 

ラムリーザ「……だそうだ」
俺は一同を振り返って言った。
ジェイザルゴ「略奪者を退治しよう、モーサルは後で考えよう」
ラムリーザ「それじゃあ、手始めに――」
 
 俺はサイラスから受け取ったメモを開いた。


 略奪者のグンズルはクラックタスク山賊団の頭。
 ドラスキュアはデッド・クローン・ロックのフォースウォーンの頭と書いてあった。
 
 フォースウォーンはめんどくさいので、まずはクラックタスクの方に向かうことにしたのだ。
 
 
 こうして、深遠の暁が残した遺産を探す旅が始まったのである。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記