home > 投稿 > > カルジョの無くした物

カルジョの無くした物

 
 ドーンスターにある深遠の暁博物館に行く途中、カジートのキャラバンに出会った。

 そこでは、カルジョという護衛が頼み事をしてきた。
 
 何でも、数日前に山賊の待ち伏せをくらい、どさくさにまぎれていろいろなものを盗まれたそうな。
 そしてその中には、カルジョの「月のアミュレット」も含まれていたようなのだ。
 
 なんというか、取り返して来たらいいんだろ?(。-`ω´-)
 
 山賊の拠点は「バイルガルチ鉱山」だ。
 場所はファルクリースとロリクステッドの中間点ぐらい。

 鉱山という名の要塞だなこりゃ……
 
ラムリーザ「全員で行く? それとも俺に任せる?」
ジェイザルゴ「ジェイザルゴは戦う」
ラムリーザ「さいでっか」
 
 カッシーに良い所見せたいんだろうw
 そう簡単に活躍できるかっw

 鉱山だけあって、山賊共は鍛冶をやっているようだ。
 だが、片っ端から射抜いていく。
 
 悪いと思うなよ、仕事なのだからな!

 外回りの山賊を全て片付け、いよいよ鉱山内に突入することになった。
 この中に親分が居るのだろうな……

 ほらおった!

 
 ふぃ……
 
 山賊を片付け、戦利品を漁ることにした。
 その中に、月のアミュレットはあった。

 これでよしと。
 
 どうやらこの鉱山は、貴重な鉱物オリハルコンの産地のようだ。
 とりあえず採掘しておくw

リセッテ「オリハルコン使うの?」
ラムリーザ「これで王者の剣を造るのだw」
リセッテ「どうやって?」
ラムリーザ「マイラの鍛冶屋に売って……(。-`ω´-)」
リセッテ「どこよそれw」
ラムリーザ「さーw」
 
 というわけで、バイルガルチ鉱山での山賊退治はおしまいっ。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 

 アミュレットは、カルジョにとって故郷を思い出せる品であった。
 カルジョはこのお礼として、護衛が必要なら喜んで同行すると言ってきた。
 
 獣率が増えるので、今回は遠慮しておきましたとさw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記