home > 投稿 > > エルスウェアの旅4 ピラー・フォールズの飛行船

エルスウェアの旅4 ピラー・フォールズの飛行船

 
 テンマーの洞穴から戻り、再びカジートの集落に戻ってきた。

メルヴァー「次はピラー・フォールズに停泊している飛行船だ」
ラムリーザ「ひこうせん?」
メルヴァー「そうだ、おそらく連中が新たに開発したものだろう」
 
 連中とはサルモールのことである。
 飛行船というものの調査を行う必要があると言っているが……
 メルヴァーは、そこでサルモールの指令書を見つけて欲しいと言っているが……
 
 あまりレジスタンスみたいなこと、やりたくないんだよね~(;´ー`)
 
 そろそろ引き上げ時かなと思ったけど、飛行船が珍しいのでちょっくら見てくることにした。
 ジェイザルゴも戻ってきてないしね。
 
 

 そこはサルモールの集団があった。
 奥には何か船の様なものがある。
 
 それよりも――
 ここに先ほどの戦いで倒れていたでかいのが居る……

 こいつ何者だよw
 サルモールの仲間?
 こんなの知らないぞ?(;´ー`)
 

 そして飛行船はこれだ。
 飛行と名づいているから、空でも飛ぶのだろうか?
 ん~、乗ってみたいね~。
 
 

サルモール指揮官「誰だお前は」
ラムリーザ「えーと、スカイリムのエレンウェン知ってる?(。-`ω´-)」
サルモール指揮官「知っているが何だ?」
ラムリーザ「エレンウェンから逃げ――いや、エルスウェアの視察命令がでたので視察しに来ましたw」
サルモール指揮官「ほー」
ラムリーザ「これ何?」
サルモール指揮官「ホワイトスレーク号だ。これからテンマーの森へと向かうことになっている」
ラムリーザ「ふーん」
サルモール「詳しくはこの書類に書かれている」
ラムリーザ「ちょっと借りるねw」

 見てみたw
 ムーンシュガーの出所を探ってどうするんだろ?
 それに反逆者か……
 
 まぁ、とりあえずは、これでよし。
 波風は立てず、郷に入ったら郷に従い、問題なし。
 
 どうせこんな所の小競り合いに勝ったところで、世界全体でのサルモールの優勢は変わらないよw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記