home > 投稿 > > エルスウェアの旅2 エルスウェアの隠れ家

エルスウェアの旅2 エルスウェアの隠れ家

 
 いよいよエルスウェアに到着することになった。

 お出迎えをしてくれたのは虎?
 しかもしゃべるしw

 まぁ動物がしゃべるのに対して今更驚くことはないけどなー。
 
 そしてユラというカジートに出会った。
 ただし、ただの放浪者らしいが……

 どうやらここは南エルスウェーアの運河らしい。
 ユラは、奥に進んで運河に向かい、そこでアメイアに会って欲しいと言ってきた。
 なんでも、アメイアは我々が来るのを予言していたと言う。
 
 う~む、またドラゴンボーンがどうたらってやつかなー。
 
 とりあえず、この先にカジートの集落でもあるのかな。
 
 というわけで、先に進むことにする。
 そこはスカイリムではありえない雰囲気、ジャングル全開。

 お出迎えは巨大な蜘蛛(;´Д`)
 
 この森にはこの手の蜘蛛が多いような気がするね。

 蜘蛛を始末し、茂みの中を進んでいく。
 足元は水が流れていて、水路の様になってたりする。
 
 しばらく進むと、目の前に集落が現れた。

 え~と、これがカジートの家で良いんだなw

 アメイアはその一角に居た。
 別にアメイアがリーダーというわけでないようだ。
 カジートは月と「メイン」に従っているだけだそうだが、「メイン」って何?
 しゃべる虎について聞いてみようとしたが、今度はアリエットという者に会えと言ってきた。
 
 そしてそのアリエットに聞いてみたが、興味なかったので省略w
 

 そしてここには巨大なカジートも――
 話をするとテンマーの洞穴に向かって、このメルヴァーの兄弟を探すことになった。
 なんかとんとん拍子で巻き込まれているような気がするが……
 
 
 話しを聞くとこいつらって、サルモールに対する反乱軍のようなのだ。
 エルスウェーアの王国は現在サルモールの保護下にある。
 だが誰もがサルモールの思惑通り従順な家臣というわけじゃないそうだ。
 
 そして、そのサルモールがテンマーの洞穴に侵入したということらしい。
 ――で、巨大なカジートのメルヴァーは、双子の兄弟であるデルヴァーが偵察しているので、無事かどうか様子を見に行って欲しいというのだ。
 めんどくさ。
 
 
 そこでジェイザルゴだが、婚約者(w)に会うためにここで一旦別れることになった。

ジェイザルゴ「ここで一旦別れよう」
ラムリーザ「ん、わかった」
ジェイザルゴ「スカイリムに帰る時になったら呼んでくれ」
 
 というわけで、ジェイザルゴとは一旦別れ、リセッテと二人で仕事に取り掛かるとした。
 
 しかし相手はサルモール……
 俺、不本意だけどサルモールなんですが(;´Д`)
 
 めんどくさいことになりそうでいやだなー
 
 身分がばれたらここのカジート共に襲われるんじゃ?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記