home > 投稿 > > サルモールの仕事

サルモールの仕事

 
 闇の一党騒動が終わって数日が過ぎた。
 なんか衛兵はものすごく感激しているみたいで、しきりに――
「闇の一党を撃退したようだな! 君こそ、みなの英雄だ!」
 ――と言いまくる。
 中には一緒に戦いたかったと言う奴も居るが、来んでええ来んでええ。
 乱闘騒ぎになってかえってめんどくさくなるだけだw
 
 
 さて、その間の俺はと言うと、アークメイジの部屋奪還に向けて交渉の毎日だ。
 まぁ、無理だろうけどね(´・ω・`)
 
ラムリーザ「叔父さん、いつになったらこの部屋返してくれるん?」
アンカノ「お前がまともになったらだ。」
ラムリーザ「まともだね、オニールだ、ミンボーも、パースも出る、400点入った」
アンカノ「……そんなことよりも、お前に行ってもらいたい所がある」
ジェイザルゴ「ラムリーザ、探したぞ。頼みたいことがある」
ラムリーザ「いっぺんに来るなww」

 ジェイザルゴの頼み、アンカノ叔父さんの要望……
 どっちも怖いわ!
 
 また自爆魔法の実験か?
 サルモール大使館への出頭か?
 
アンカノ「ソリチュードのドール城に行ってもらいたい」
ラムリーザ「帝国軍の本拠地か……」
リセッテ「ソリチュードなら私も行く」
ラムリーザ「はいよん」
 
 なんだろ。
 ウィンドヘルム攻略に参加しろかな?
 
 というわけで、ジェイザルゴの頼みは後回しにして、ソリチュードのドール城に向かったのである。
 
 
 その前に、ウィンキングスキーヴァーで一休み。
 ここでは久々に聞くリセッテの歌。
 思えば、ここで出会ったんだったなー。

ラムリーザ「ここで初めての初対面だったんだよなー」
リセッテ「まぁ……、二回目の初対面は無いけどね」
ラムリーザ「いや、世の中には知り合っているのに『はじめまして』という変な奴も居るぞ」
リセッテ「ただのボケじゃないのw」
 
 とまあ、そんなこんなでドール城、帝国軍の本拠地だ。
 帝国軍の兵士として働いていた頃は、何度も訪れたことがあるなー。
 
 
 
 …………(;´Д`)
 嵌められた……(´・ω・`)

エレンウェン「噂は聞きました、闇の一党を壊滅させたようね」
ラムリーザ「いやー、あんなの大したことないですよー(;-`ω´-)」
エレンウェン「困ったことをしてくれましたね?」
ラムリーザ「は?」
エレンウェン「ヘイムスカーの始末を闇の一党にしてもらう予定だったのですよ」
ラムリーザ「なっ?」
エレンウェン「この責任を取ってもらいます」
ラムリーザ「わ、わかったよ」
 
 なんてこったい。
 確かにヘイムスカーはホワイトランで、タロスがどうのこうのってギャーギャーわめいてたっけ。
 いつかサルモールに粛清されてもおかしくないと思っていたが……
 
 ……困ったことになったよ(´・ω・`)
 
 
~~~ ラムリーザが来る前 ~~~
 
 
エレンウェン「そろそろラムリーザ――いや、ドラゴンボーンを我が陣営に引き入れておきます」
アネミル「加えるかどうかは私が判断する」
エレンウェン「次の仕事を彼にやらせてみるというのはどうかな?」
アネミル「そうだな、そろそろヘイムスカーの処断をしておこうと考えていたころだ、誰か刺客を送り込む予定だが……」
エレンウェン「ラムリーザにやらせましょう」
アネミル「引き受けるかな?」
エレンウェン「引き受けさせます。丁度いい情報が入ったのよ」
 
 闇の一党壊滅の件は、引き受けさせるための餌だったのであーる。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記