home > 投稿 > > 闇の一党壊滅作戦開始

闇の一党壊滅作戦開始

 
 寝ている間にアストリッドに、どうやってやられたのかはさっぱりわからんが、拉致されてしまった俺w
 だが、彼女を返り討ちにすることで、とにかく一難は去ったのだ。
 
 そしてとりあえず3人を開放してやる。

 やっぱカジートだったか。
 女は相変わらず罵るばかり、ついでに殺すぞw
 なんで俺を罵る? 悪いのはアストリッドだろうがっ!
 
 さて、小屋の入口には鍵がかかっていて出ることができなかった。
 しかし、アストリッドを調べてみると、鍵を持っていたので外に出ることはできた。
 
 ここはどこだ?

 周囲を見渡してもどこだかわからない。
 
 
 こんな時は、北の海岸目指して、東に向かうだけだ。
 困った時はウィンターホールドに帰る、それが一番、うん。
 
 ………
 ……
 …
 
 ウィンターホールドに付くや否や、衛兵が話しかけてきた。

衛兵「酷く疲れているな、何があったんだ?」
ラムリーザ「アストリッドやっつけた」
衛兵「何てこった、冗談じゃないのか?すぐにマロ指揮官に報告してくれ。ドラゴンブリッジのペニトゥス・オクラトゥス基地にいる」
ラムリーザ「なんやそれ……」
 
 なんか知らんが、闇の一党を壊滅しようという話に進んでいるようだ。
 まぁ、俺を暗殺しようとした集団だ。
 この際、報復しておくのも悪くないな。
 というわけで、ドラゴンブリッジに居るマロ指揮官に会う事になった。
 リセッテ達は今回はお留守番。
 危険な任務だしなー。

 彼がマロ指揮官だ。
 マロ指揮官にアストリッドやっつけたことを話してやると、こいつもまた驚きよったw
 
マロ「闇の一党リーダーのアストリッドを? 死んだ? 何の冗談だ?」
ラムリーザ「いやまー、俺にかかればちょちょいのちょいなんだけどー」
マロ「幸運が巡ってきたぞ。思えば長い間、闇の一党の動きを監視してきた、襲撃をかける頃合を計るために」
ラムリーザ「だったら暗殺者に襲われた時に助けてくれたらよかったのに……」
 
 マロ指揮官は、闇の一党の聖域に入るための暗号を入手していたようだ。
 それは『沈黙せよ、我が同胞』だという。
 
マロ「この名誉はお前のものとなるべきだ。手を貸せば、最大限の報酬を与えよう!」
 
 俺に行けってかw
 丸投げかよw
 
 
 まあよい。
 
 
 帝国軍は俺が居ないと何もできない集団だしなw
 サンガード砦だって、俺が手出ししなければ落とすことできなかっただろうが。
 後はウィンドヘルムだけだと、落とせているか?
 落とせてないだろうww
 
 わかったよ、やってやるよ!
 
 
 というわけで、闇の一党壊滅作戦が始まったのであった。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記