home > 投稿 > > ギルデンホル墓地にて ~デスブランド最後の財宝~

ギルデンホル墓地にて ~デスブランド最後の財宝~

 
 ギルデンホル墓地は、ソルスセイム北部の孤島にある墓地だった。
 泳いでいくしかないな……

 ギルデンホル墓地か……
 近くで見ると、結構大きな遺跡だな。

 早速遺跡の中に入る。
 中に入ってすぐの所で、一人の冒険者が力尽きていた。
 手にはメモが握られていたので、とりあえず拝見させてもらうことにした。
 
 メモの内容では、ここはソルスセイム一豊富な唯一の埋蔵物があるらしい。
 だが、周囲には何も無い。
 あるのはスタルリムの塊だけだ。
 
 だがメモによると、この部屋にはわずかに隙間風が吹いているようだ。
 秘密の通路が隠されているとでもいうのだろうか?
 
 
 他に見るべきものがないので、スタルリムを掘る事にした。
 スタルリムを掘り尽くすと――
 
 先に進む通路が現れたのだ。
 なるほどね、スタルリムで秘密の通路を隠していたというわけだ。
 
 その通路の先は――

 宝物庫だ!
 金貨の山だ!!
 ソルスセイム一豊富な唯一の埋蔵物だ!!!
 
 
 頂き!!!!(`・ω・´)
 
 
 あ……

リセッテ「閉まっちゃったね」
ラムリーザ「財宝を荒らしたら引き返せない仕組みだったのか」
リセッテ「どうするの?」
ラムリーザ「全部集めようw」
リセッテ「そうしましょうw」
 
 この宝物庫にはかなりの数の金貨が眠っていた。
 部屋の至る所に金貨の山ができている。
 こうなったら全部頂いてしまうことにした。
 引き返せないということは考えないことにしよう。
 
 
 
 全ての財宝をかき集めた後、先に進むことにした。
 入り口は閉ざされてしまったが、先に進む扉は開くことができたのだ。
 引き返せないなら進めばいいのだ。
 奥にはもっと豪華な宝があるかもしれないしな。
 
 宝物庫の先にあった場所は――

 奥の大広間だった。
 うん、ここにすごい宝が眠っているような気がする。
 ドラゴンプリーストが襲い掛かってくる可能性も大だけどな!
 
 しかしここにあったものは――

 ハクニール・デスブランドの遺骨だ。
 ここはハクニールの墓だったんだ。
 
 遺骨の傍らには一振りの剣が。
 ブラッドサイズ、ハクニールの愛用していた剣か?
 
 
 その時、墓地全体が激しく揺れる!
 宝を無造作に取り上げるとは迂闊だったか?!
 
 
 しかしそれは墓が崩れるというものではなかった。

 背後に何者かが現れた衝撃だったのだ!
 あれはハクニールの魂か?!
 
 ハクニールの魂らしきものは、こちらに向かってくる。
 
ハクニール「愚かな定命の者め! 死者から隠れる事ができると思うな!」

 ――などと叫んで「わんわんお」に襲い掛かるハクニールw
 
ハクニール「お前はここでは歓迎されていないのだ!」
 
 ――だとさ、「わんわんお」お前歓迎されてないぞw
 おいぬは大人しく家に居ろってか。
 
ハクニール「このように不意に終わるとは」
 
 マズイ、こんどはリセッテに向かっていった!

 リセッテに斬りかかる寸前に撃ち込む!

 ドカーン!
 魔力の矢の一撃で、海賊王ハクニールは消滅してしまった。
 
 消滅した跡には、一振りの剣が残っていた。
 ハクニールが使用していた剣、ソウルレンダーだ。
 
 
 ブラッドサイズとソウルレンダー。
 二刀流って所ですかい。
 
 さて――

 こんなところですかね?
 
リセッテ「全然似合わないw」
ラムリーザ「わんわんおで試し斬りするかの?」
リセッテ「やめなさいってばw」
ミーコ「わんっ」
 
 
 というわけで、海賊王ハクニール・デスブランドの財宝を全て集め終わったのであった。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記