home > 投稿 > > レイブンロックにて ~帰ろうと思ったが、仕事を依頼されてしまった~

レイブンロックにて ~帰ろうと思ったが、仕事を依頼されてしまった~

 
 さて、ソルスセイムをミラークとモグルルから守った俺たち一行は、物語の始まりであるレイブンロックに帰ってきた。
 
 とりあえず――

 モグルルざまぁm9(^Д^)プギャーwww
 金の亡者の末路はこんなものだ。
 
 一方俺の評価は鰻登りだ。
 
ガーリン「お前の勇気ある行動が皆を救ったんだ、セルジョ」
ラムリーザ「いやぁ、それほどでもあるよw」
 
 しかしヴェレス隊長に捕まってしまった。

ヴェレス「モグルルが何者かに暗殺されたのだが、ラムリーザ、君は何か知らないか?」
ラムリーザ「こいつは金に汚いやつだったからなぁ、誰かに恨まれていたんだろう」
ヴェレス「君が誰かに殺しを依頼されたとか無いのか?」
ラムリーザ「ご冗談でしょう」

 俺が使うのは、この弓だ。
 それに、こいつの背中に刺さっているのはデイドラの矢じゃないか。
 デイドラの矢なんか知らん。
 これはデイドラに呪い殺されたということにしておけw
 
 
ラムリーザ「さてと、帰る前に一杯飲んで行こうw」
リセッテ「もー!」
ブラルサ「よかったら、話を聞いてくれない?」

 なんぞ?
 
ブラルサ「あの嫌なゲルディスが、中に入る事すら許してくれそうにないんだ。商売の邪魔だとさ」
ラムリーザ「ほー、それで?」
ブラルサ「最後の蓄えまで飲み代に使おうが、私の勝手じゃないか。あいつの知った事じゃない」
ラムリーザ「仕方ないな、ゲルディスに会って話してやるよ」
ブラルサ「あの頑固者と掛け合って、ネッチに入れるようにしてくれたら、必ずお礼をするよ」
ラムリーザ「というわけだ。酒場に行かなければならなくなってしまったw」
リセッテ「しょうがないわねぇ……」
 
 というわけで、ブラルサを入れてもらうよう頼みに行くことになった。
 
 
 ネッチは俺もお気に入りの酒場だ。
 最近、スジャンマにハマりつつあるのかもしれない。

 さてと……
 
ゲルディス「また来たな、飲んで行くのか?」
ラムリーザ「そうだなー……」
リセッテ「(じ~っ)」
ラムリーザ「あいや、なぜブラルサを出入り禁止にしたん?」
ゲルディス「あの哀れな女を見たか? 彼女はもうボロボロだよ」
ラムリーザ「ボロボロでばっちいから入れたくないのか?」
ゲルディス「いやそうじゃなくて、彼女は昔はモーヴァイン評議員よりも金持ちだったのに、酒で悲しみを紛らわすために全財産を使っちまったんだ」
ラムリーザ「その分、あんたは儲けたんだろ?」
ゲルディス「そりゃあ私だって金を稼ぐのは大好きだがね、彼女のあんな姿は二度と見たくない。絶対に……」
ラムリーザ「……そうだな、それじゃ代わりに俺に――」
リセッテ「こほん! 彼女にはやりたいことをする権利があるわ、飲みたいなら飲ませてあげればいいのよ」
ゲルディス「そうかもしれんな。ビアジョッキの底で一生を送ることになっても、それは彼女の選んだことだ」
ラムリーザ「俺は飲みたいのに飲ませてあげられないのか?」
リセッテ「もぅ、一杯だけよ」
ゲルディス「彼女にいつでも戻ってこいと伝えてくれ」
 
 
 というわけで、ブラルサは再び酒場に入る事を許されたのであった。
 
 
 一方、ヴェレス隊長だが――

 モグルル暗殺事件がやっぱ気になるか……
 
 
 
 でも俺は知らねw
 
 多分犯人はアストリッドだよww
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記