home > 投稿 > > 最終決戦 ~真のドラゴンボーン決定戦~

最終決戦 ~真のドラゴンボーン決定戦~

 
 ドラゴンボーン同士の最終決戦は、サーロタールの一撃から始まった。
 雷撃か、やりおる。

 ミラークよ。
 こいつだけはあっさりと片付けてやらねぇ。
 
 目には目、歯には歯、尻には尻!
 ドラゴンボーンにはドラゴンボーンだ!
 ファイアブレスでこんがりと焼き上げてやる。

 ミラークは俺に気がつき、猛然と襲い掛かってこようとするが、そこをサーロタールに牽制させる。
 
 再び身を潜め、隙を伺う俺。
 
ミラーク「お前の精神のもろさは昔から分かっていたことだ、サーロタール!」
 
 今だ!
 ミラークに意識がサーロタールに向いた瞬間――
 今度はフロストブレスだ!

ミラーク「うぐ……」
 
 どうだ、真のドラゴンボーンの力は!
 
 
 ミラークは膝をつき、これで勝ったと思った。
 意外とアッサリだったな。
 
 しかし……
 
 ミラークは透明化し、すごいスピードでその場を駆け去ったのだ。
 
 
 同じ力を持ってやがるな。
 あれは「うおーっ、さおーっ」じゃないか。
 おっと、「旋風の疾走」だなw
 
 
 そしてミラークは中央の池に移動し――

 ドラゴンの魂を吸収してやがる……
 そして再び立ち上がるミラーク。
 
 奴はドラゴンの力を奪い取って、自分の力を回復してやがるんだ。
 
 
ミラーク「ドラゴンボーン、どこに行った?!」
ラムリーザ「こっちだw」
 
 こんちくしょうめ!

ミラーク「星霜の書で殴るとは、罰当たりな奴め!」
ラムリーザ「黙れ! 貴様のような奴の存在自体が罰当たりだ!」
ミラーク「むむむ……」
ラムリーザ「何がむむむだ!」
 
 ミラークは俺に反撃しようとするが、そうはいかん。
 すばやく身をかわし、転進する。
 ミラークは追撃しようとするが――

 そこにサーロタールの攻撃!
 
ミラーク「ぐ……、サーロタールめ……」
 
 いいコンビじゃないか。
 ドラゴン使いもなかなかいいもんだ。
 俺たちのコンビプレイで、再び膝を付くミラーク。
 よし、とどめだ!
 
 
 だがしかし――
 ミラークは再び姿を消し、旋風の疾走で立ち去ってしまった……
 
 
 そして再び現れるや否や――
 
ミラーク「サーロタール、ジール、ロス、ディー、デュ!」

 サーロタールまで魂を吸収されてしまった。
 そして再び立ち上がるミラーク。
 
 
 これじゃきりがないな……
 サーロタールまでやられてしまったし……
 
 やはり本気を出して戦うしかないか!
 
 
 ミラーク
 楽しかったよ。
 こんなに運動をしたのは本当に久しぶりだった。
 
 これで終わりにしよう。
 オレのフルパワーを見せてやるぞ!
 
 出でよ、アーリエルの弓!

 ドカーン!
 
 
 やったか?!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記