home > 投稿 > > サーロタール

サーロタール

 
 ミラークの居る場所に通じているアポクリファ「白日夢」を進んでいる。
 
 そして、塔の一番てっぺんらしき所にたどり着いたのである。
 シャウトの壁?

 シーカーが眺めているようだが……
 それに、造りがちょっと違っているような気もするが……
 
 シーカーを退治して近づいて見ると――

 確かにシャウトの壁に似ている。
 アポクリファだとイメージが違って見えるようだ。
 
 それでもシャウトの力はしっかりと身につけたようだ。
 ここで手に入れた力は、「ウィルム:ドラゴンアスペクト」でした。
 
 
 その時、背後に巨大なものの気配がっ?!
 やべっ……(;´Д`)

 まさかアポクリファにドラゴンが出てくるとは思わなかった!
 
 
 だが待て、落ち着け!
 今の俺は、ドラゴンすら服従させる力を得ることができたのだ!
 

 ゴル・ハー・ドヴ!!
 
 ………
 ……
 …
 
 どうだ?
 

サーロタール「やあ、スリよ。お前のスゥームは達人の域にある。乗れ。ミラークの元に運ぼう」
ラムリーザ「待てw 盗賊ギルドに入った記憶は無いのにスリ呼ばわりすんなw」
サーロタール「気をつけろ。ミラークは強い。お前が来ることも知っている」
ラムリーザ「そうだろうな」
 
 それはそうと、ミラークの所に送ってもらえるのなら、それはそれで助かる。
 早速乗せてもらって、ミラークの所に向かうことにする。
 ドラゴンライダー!
 ドラゴンの背に乗るのはこれで二回目。

 アポクリファの空を舞い、ミラークの元へまっしぐらだ。
 

 なんか島に魔物がうろついているな……
 サーロタールさん、懲らしめてやりなさい。

 マジでやるとは……(。-`ω´-)
 服従のシャウトの力は、ここまで支配できるというのか?!
 
 適当に暴れたところで、ミラークの所に向かうとするか。
 
 
 アポクリファの空をしばらく進むと、遠くに高台が見えてきた。
 ミラークはそこに居るのか?

 ミラークの声がする。
 いよいよか……
 俺の支配下にあるサーロタールは、牙を向いてミラークに突撃しようとしている。

ミラーク「やめろ、まだだ。まずは客人に挨拶せねばな」
ラムリーザ「こんばんは」
ミラーク「アポクリファの頂上で、最初のドラゴンボーンと最後のドラゴンボーンがまみえるわけだ」
 
 すると言っておきながら、こいつは挨拶する気無いな……
 また好きなことをしゃべるだけしゃべるんだろう。
 
 
 まあよい。
 
 
 お前の命運はこれまでなんだ。
 冥土の土産に最後に好きなだけ語らせてやろう。

ミラーク「ハルメラス・モラが望んだのだろう。彼は気分屋だからな」
ラムリーザ「…………(周囲を見渡す)」
ミラーク「だが、これで奴から自由になる。アポクリファでの生活は終わった。ここでは全ての力を出せるだろうが、それはこちらも同じだ」
ラムリーザ「…………(身を隠すところはいくつかあるな)」
ミラーク「お前は死ぬ。そして私は、お前の魂の力でソルスセイムに帰還する。再び己が運命の主となるのだ」
ラムリーザ「…………(まずは身を隠して先手を取ることだな)」
ミラーク「クルジークレル! レロキニフ! 今だ!」
 
 ミラークの掛け声が終わるか終わらないかのうちに、ダッシュでその場を離れる。
 正面からいきなりやりあう気はないからな。
 
 そしてミラークにはサーロタールが突進していった!
 
ミラーク「長年を経ても、こう簡単に裏切るとは……」
 
 
 当たり前だ。
 操っていただけだろ?
 サーロタールは裏切ったわけではない。
 操り主が変わっただけだ。
 
 ミラークよ……
 お前には何も無い。
 
 お前を心から支え合ってくれる仲間は、この世に一人も居ないのだからなwwwww
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記