home > 投稿 > > ヴァーロックの墓にて4 ~魔法の力で現れた床~

ヴァーロックの墓にて4 ~魔法の力で現れた床~

 
サースタン「また、謎かけだ。『道からそれるな。動かなければ死ぬ』まあ、少なくとも単刀直入だな」
 
 
 ヴァーロックの墓中央広間にて、二つの鍵を使用して鉄格子が開いた先には、これまでと同じような台座とスイッチが一つ
 そしてその先には道は無い……

 飛び込み台みたいになっているのだ。
 押すなよ「わんわんお」、お前には前科があるからな!
 とにかくスイッチを動かして様子を見て見よう。
 
 
 スイッチを入れてみると、飛び込み台の先に青白く光る光が足元に床のように現れた。
 しかし床はじっと止まっているわけではないようだ。
 道が動く?

 なるほど、「道からそれるな」とは、この青白い道の上を進めばいいということか。
 そして「動かなければ死ぬ」というのは、道に合わせて移動しなければ下に落ちるということだろう。
 
サースタン「九大神にかけて! こんなものは見たことがない。魔法の力で作られた床から現れた。本当に素晴らしい!」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 このおっさんは危険だw
 どうでもいいがこの時勢、神様は8つにしておこうな。
 無用なトラブルを避けるためにw
 
 
 とりあえず落ちないように道に沿って駆け抜けるしかないようだ。
 突撃ーいっ

 俺はいいけど、リセッテや「わんわんお」は、ここを突破できるのだろうか?

 ――と思ったら、渡り終えたら普通に橋ができあがるんでやんの!
 なんてこったい、苦労するのは俺だけかよ!
 
 
 この先にも何度か魔法の力で現れた床を渡ることが続いた。
 その都度、苦労するのは俺だけ……
 俺が渡り終わると、しっかりした足場ができあがるのだ。
 
 
 魔法の足場を渡り終えた先は、これまでにも何度か見てきた絵合わせの扉だ。
 外側、中側、内側の印を指定されたものに合わせて、爪を差し込んで開く扉だ。
 さて、ここの絵合わせの正解はなんぞ?

サースタン「組み合わせが分かる文が、無傷で残っているかしれない。」
 
 そういうと、サースタンはそこらの壁を調べ始めた。
 
サースタン「おお、よし、何かあったぞ。最初のはそよ風か風に関係するようだ」
サースタン「次は夜空と月について触れている。3番目は火に関係するようだ。そして鱗についても触れている」
サースタン「おお、よし、何かあったぞ。最初のはそよ風か風に関係するようだ」
 
 サースタンは一人でぶつぶつとつぶやいている。
 だがそれはヒントのようでもあるな。
 碑文から読み取れる情報はそれで精一杯のようだ。
 それらをヒントにして考えなければならないのか……
 
 
 そよ風か風、印で言うところでは鷲が当てはまるかもしれない。
 夜空と月、隣人部とデスノート――じゃなくて、印で言うところでは狼かな?
 火と鱗、ドラゴン?

 つまり、こういうことか?
 ビンゴ!
 
 
 さて、この先には何が待ち構えているというのか?!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記