home > 投稿 > > 黒の書 ~繊維と金線~

黒の書 ~繊維と金線~

 
 コルビョルン墓地の最奥で見つけたもの。
 それは黒の書であった。

 黒の書からは、ミラークに対抗する知識を得ることができるのだ。
 早速本を手に取り、ハルメアスの空間へとワープする。
 
 
 
 そこは、今まで見たハルメアスの空間の中では、薄暗い方であった。
 光が浮かんで漂っている。

 通路はまっすぐ続いているが、薄暗くてよく見えない。
 暗闇の中に、シーカーとかが潜んでいるような気配がする……
 
 気配を頼りに矢を放つ。
 手応えは、あった。
 
 漂っている光が傍を照らし出した時、目の前には灰の山と魔物の死骸が転がっていた。
 やはり居たか……

 勘が正しかったようだな。
 
 
 道なりに進むと、目の前に水溜りのようなものが現れた。
 この中からまた触手のようなものが出てきて――

 おっと危ない。
 出てきたのはルーカーだった!
 水溜りの中から突然現れて不意打ちとは卑怯なり!
 ――と物陰からコソコソ狙撃する人が言ってみるw

 それでもいつも通りにやるだけだ。
 慌てずに急所に撃ち込めば問題ないんだよっと。
 
 
 ふぃ……
 
 
 この空間は、薄暗いだけで距離はそんなに長くなかったようだ。
 すぐに、「黒の書:繊維と金線」を発見した。

 今回の知識は――
 
 
1、腕力の秘密:30秒間スタミナを消費せずに攻撃が繰り出せる。
2、アルカナの秘密:30秒間マジカを消費せずに呪文を唱えられる。
3、防御の秘密:30秒間受けるダメージが半分になる。
 
 
 う~む……(。-`ω´-)
 一撃必殺を信条とする俺にとって、30秒もスタミナは使わない。
 一瞬が全てなのだ。
 
 魔法を30秒も使って戦うことも、まず無いしなぁ……
 取って置きの小技として見せるのが良いのだ。
 
 そして狙撃手は、敵の攻撃は受けないことである。
 
 
 全部要らんじゃないかw
 
 
 仕方が無いので、いざと言う時のために、守りだけでも固めておきますか。
 防御の秘密を会得!

 こうして、あまり有用とは言えない物だったが、新たな知識を得たのであった。
 
 
 さて、戻ろう。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記