home > 投稿 > > コルビョルン墓地にて ~墓地で見つけたもの~

コルビョルン墓地にて ~墓地で見つけたもの~

 
 コルビョルン墓地で異変が起きている。
 ラリスが何か怪しい状況になっているのだ。
 
 そこで、再びコルビョルン墓地に向かうことになったのである。
 地下には、「アージダルの予言のヘルム」とやらがあったが、他には特にめぼしいものは無く、奥まで一直線だった。
 
 
 そして、地下にあった大広間から、ラリスの声が聞こえてきたのだ。
 
ラリス「アージダル、目覚めを!」

 何をやっとるんだあいつは……
 アージダルとやらに取り憑かれたか?

 次の瞬間、部屋の中央から勢い良く何者かが飛び出してきた。
 アージダルか?!

 まずいな、ドラゴンプリーストの類だ……
 犠牲になった労働者を使役しているじゃないか……
 
 ラリスはアージダルの出現の衝撃で吹っ飛ばされて、そのまま意識を失ったかくたばったか。
 とにかくアージダルとやらを片付けよう。

 Snipe!

 ドカーン!
 
 
 ふぃ……
 
 
ラリス「ああ、何があった? 私は何をしたんだ?」

 やっぱり操られていたのか。
 ソルスセイムの人々は、よく操られるものだなー。
 
 ラリスも、ここに来てからずっと囁き声が聞こえて、幻覚が見えていたようだ。
 鉱山労働者はどうしたのだ?という問いには、分からないと繰り返すだけだ。
 もしかしたら自分が殺したのかもしれないとか、「彼」がそう望んだからとか……
 
 大分錯乱しているな。
 
ラムリーザ「ここには戻って来ない方がよさそうだな」
ラリス「当然だ!『墓地』なんて言葉は二度と聞きたくない! 一生御免だよ!」
 
 ラリスはレイブンロックに戻ると言い、ここでの事は二人だけの秘密にして欲しいと言ってきた。
 それと、町で私を見かけたら、力になると。

 そう言い残すと、ラリスは町へと逃げるように駆け出していった。
 
 
 やれやれだ。
 
 
 さて、自分もここに長居は無用だな。
 結局11000ゴールドの見返りは何だったのか……
 装備一式だけにしては高くついたな……
 
 ――と思っていたが!
 こんな所に黒の書が?!

 これは……
 知識を得るために、再び本の中に入るべきだろう。
 
 再びハルメアスの元へ!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記