home > 投稿 > > コルビョルン墓地にて ~アージダル様?~

コルビョルン墓地にて ~アージダル様?~

 
 慌ただしい日々が退屈させなくて済む。
 のんびりと酒盛りでも開始しようかと思った所に、毎度の配達人が現れたのだ。
 
 手紙の差出人はまたしてもラリス。

 てがーみ
 なんか今までと雰囲気が違うぞ?
 金をせびるとかそういう状況じゃないようだ。
 墓地の奥でいったい何を見つけたのか?
 
 つーか怪しい。
 バリマンドが脳裏にちらつく……
 ラリスまで「ドラゴンボーンLOVE」になったんじゃないだろうなー?!
 
 
 さっそくコルビョルン墓地に向かってみることにした。
 その地点で既に異変が感じられる状況だ。
 
 いつもならテントで構えているはずのラリスが居ない。
 それだけではない……

 労働者の遺体が、墓の外にまで及んでいるのだ。
 ドラウグルが墓から出てきたのか?
 
 少し周辺を探ってみたが、この辺りにはラリスの姿は無いようだ。
 ラリスのテントも調べてみたが、日誌が置かれているだけだ。
 どうでもいいが、ここらの日誌は一日一冊という書き方が多いのだろうか?
 イルダリ然り、ラリス然り……
 
 
 まあよい。
 
 
 とりあえず日誌を読んだら何かがわかるだろう。
 
 日誌は、日付を追って読んでいくと、これまでの発掘の様子や、労働者を雇いに行ったとかいう話が伺える。
 この中の「親切なパートナー」って俺の事か?
 まぁ、悪い気はしないなw
 
 しかし最後の日誌がやばい。

 アージダル様だと?
 また何か変なのに取り憑かれでもしたんじゃないのか?
 
ラムリーザ「ラリスはアージダルとかいう変なのに取り憑かれたようだ」
リセッテ「何かに取り憑かれる人って、どこにでもいるものなのねぇ(じ~っ)」
ラムリーザ「とにかく俺は様子を見てくるから、外で待っててくれ」
リセッテ「わかったわ」
 
 ………
 ……
 …
 
 発掘は完了したのかもしれない。
 しかし、ドラウグルはさらに増えているようだ。
 ここのドラウグル、退治したはずなんだけどなぁ……

 ドラウグルだけではない、遺体も増えている。
 一体何が起きたと言うのだ?
 
 増えたようなドラウグルを始末しつつ先に進む。
 新しく発掘が進んだであろう道を進むと、新しい広間に到着した。

 ドラウグルが3体座っている。
 三連速射法で一気に片付けてやれ!
 
 さて、この部屋は、中央に地下へ通じる階段があるが、鉄格子が閉まっていて進むことができない。
 そして意味ありげなレバーと、回転させて絵柄を合わせる装置。
 これはアレだ。
 迂闊にレバーを動かすと罠が作動するというものだ。
 
 こういう場合、部屋のどこかにヒントとなる物が隠されているものなのだ。
 この部屋を見渡すと、部屋の左右に鎖を引く形のレバーがあり、その隣は閉まっている岩でできた扉のようになっている。
 この鎖を引くと、閉まっている岩が回転を始めたのだ。
 ここに何か隠されているな……
 ほら絵柄が出てきた、ここは魚か。

 左右にある鎖のレバーを回して絵柄のヒントを得て、いよいよレバーを動かしてみる
 ことにする。
 罠が発動してもいいように、動かすと同時に逃げるけどねw
 
 レバーを動かしても、中央の鉄格子は全然動かなかった。
 しかし部屋の片隅にあった鉄格子が開いたのだ。
 ん? 何かあるのか?

 鎧、か……
 この墓地では、アージダルに関係のある装備が手に入るようだな。
 これまでに、ブーツと指輪二つ、そしてこの鎧だ。
 
 さて、この部屋にはもうヒントは無いのか?
 ――とふと壁に目をやってみる。

 なんだ、分かりやすい所に絵柄のヒントがあったのじゃないか。
 
 再び絵柄を合わせて、レバーをもう一度動かしてみる。
 今度は、部屋の中央にある鉄格子が開く仕組みになっていたようだな。

 さらに地下へと通じる道が開けたぞ。
 ラリスはこの奥でいったい何を見つけたというのか?
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記