home > 投稿 > > ストライデント・スコール号 ~シンディリの家宝探し~

ストライデント・スコール号 ~シンディリの家宝探し~

 
 俺の名前はラムリーザ・テルヴァンニ、モローウィンドの貴族である。
 
 テル・ミスリンでのんびりしながらタルヴァスと談話していた所、ストライデント・スコール号の話が出てきた。
 そういえば、レイヴンロックでシンディリに、製本したフォリオを積んだ船が沈没した話を聞いたな。
 大事な家宝と言ってたような?
 で、そのストライデント・スコール号は、テル・ミスリンから南部に行った所に漂着していると聞いたのだ。
 

 あれが漂着したストライデント・スコール号。
 今では強奪者の住処になってしまっているのだ。
 めんどくさいので、ここはネラカーに餞別でもらった杖を試してみますかな。

 エクスプロージョンの杖とどう違うのか?

 ドカーン!
 
 ……う~む。
 あまり変わってない?
 
 ……と思ったけど違った。

 火球の威力で、ほとんどの強奪者がくたばっていたのだ。
 かろうじて一撃を耐え切ったものも、そのうち燃え尽きてしまうのだ。
 
 ネラカーも恐ろしい杖を作ったものだ……
 
 
 さて、住み着いていた強奪者も片付けたことだし、漂着したストライデント・スコール号の探索とでもいきますか。

 船は半分沈んでいて、船内は海水が溜まっている所もある。
 
 棚にあった金庫には、「東帝都社のペンダント」が入っていた。
 これ、誰かが欲しがっていたような?

ラムリーザ「誰だっけ?」
リセッテ「え~と、レイヴンロックの雑貨屋フェシスさんね」
ラムリーザ「そっか」
 
 シンディリが求めていた本は、船内にある宝箱の中に入っていた。
 タイトルにフォリオ版と書いているから、たぶんこれがそうなのだろう。

 しかし家宝の本か、いったいどんな事が書かれているのやら。
 ちょっと読んでみよう。
 この内容って、何かの演劇の脚本みたいな感じだな。
 なんかひっかかるものがあるのだが……(。-`ω´-)

リセッテ「(じ~っ)」
ラムリーザ「なんぞ?」
リセッテ「読んでないで届けに行くわよ」
ラムリーザ「はいよん」
 

 ソルスセイムの夕焼け。
 いつか自分の船を持ち、航海に出てみたくなるって雰囲気だな~
 
 ………
 ……
 …
 
ラムリーザ「フォリオ版の本が見つかったよ」
シンディリ「見つけたの?」
ラムリーザ「ほら、これだ」
シンディリ「これが私や家族にとって、どれほどの意味を持つか分からないでしょうね。奪還せし者に神々の祝福あれ!」
リセッテ「…………」
シンディリ「これであなたの真価は十分に証明されたわ。お礼の印に、この贈り物を受け取ってちょうだい!」
 
 なんか指輪くれた。
 
 でもここではあれだな。
 指輪なんかよりもだ!
 これだよなーっ。

リセッテ「また酒盛り始めるー!」
ラムリーザ「あれ、隣に居るのはニヤじゃないか。船に乗ってここを離れるのじゃなかったのか?」
ニヤ「まだ船が出ないのよ、それまではここに居ることにするわ」
ラムリーザ「まぁ、イルダリは滅びたから安心してくれ」
リセッテ「あなた、いい加減にして!」
配達人「手紙があるんだ」
リセッテ「もう、何かしら?」
配達人「またラリスからの手紙だけど、彼の手紙を届けるのはこれで最後だ。あの場所はどうにも耐えられない」
リセッテ「ラリスさんね。あなた、コルビョルン墓地に向かうわよ」
 
 やれやれ、慌しいのぉ……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記