home > 投稿 > > 借金と出資

借金と出資

 
モグルル「ドロヴァス・レヴリの借金はお前に支払ってもらうからな」
ラムリーザ「知らんな」
 
 
 スカイリムでの仕事を終え、再びソルスセイムへと戻ってきた。
 ラリスも何か用があるようだし、ブライアハートはさっさとネロスに届けてしまいたい。
 そして何よりも、ミラーク問題も残っているのだ。

 しかし、ソルスセイムで待っていたのは、何やら物騒な二人組みだった。
 こいつの名前はモグルル。
 先日、ネロスの新しい執事として送り込んだドロヴァスは、こいつらから1000ゴールド借金をしていたようだ。
 だが、テルヴァンニに行ってしまったので手が出せないで居るとい言う。
 それで金を返さないのは俺のせいだと言い、巻き上げてやると凄んできやがるのだ。
 
ラムリーザ「払わなければどうなる?」
モグルル「ここでは何も起きない。だが背中に用心しろよ、借金取りを送ってやる」
ラムリーザ「どうぞご自由にw」
 
 
 こんな変な奴には関わらないが一番。
 無視するに限るw
 
 ………
 ……
 …
 
 さてと、まずはラリスの所に立ち寄ってやるか。
 また金が必要になるとか言っていたが……

 何やら遺跡を掘り進んでいくと、再びドラウグルに襲われたというのだ。
 なるほど、これは十分想定内の話だな。
 
 今回はテントの周りには何人かの生き残りが居るようだ。
 これは傭兵を雇ったおかげで全滅だけは免れたというわけだ。
 
 
 さてと、退治してくるか……
 

 やれやれ、酷い有様で……(。-`ω´-)
 その内、この仕事は危険だという噂が立って、人が集まらなくなるような気がするがなぁ
 
 遺跡を掘り進むことで、また新しい墓を掘り当ててしまったようだ。
 前回全滅させたのに、また現れたということは、つまりそういうことだ。

 下から撃ち上げると、その勢いで浮き上がるドラウグルw
 
 
 掘り進んだであろう一番奥は、ちょっとした広間になっていた。

 中央の床に正方形のブロックが敷き詰められていて。
 周囲には転がる鉱山労働者や傭兵の遺体、そして周囲からまたしてもドラウグルが!

 くどい!
 
 
 ふぃ……
 
 
 これでドラウグルは片付いたかな。
 
 この広間の中央の床は、踏んでみるとそこだけ光りだす仕組みになっていた。

 そして開かない鉄格子もある。
 これはこの床で何かすれば開くって仕組みなのだろうな。
 
 よく分からないので、とりあえず全部踏んでみることにした。

 すると、唐突に鉄格子が開いたのだ。
 
 ん~
 
 すべての床を踏んで光らせたらよかったということかな?

 奥には価値のありそうな指輪が一つ。
 これを今回の報酬として頂き、ラリスの所に戻るとしますか。
 
 ………
 ……
 …
 
 ラリスの話では、もうすぐ墓地の最下層部に到達する見込みがあるようだ。
 そのためにはもっと多くの鉱山労働者を確保しなければならない。

 だが俺の予想通り、この仕事の評判は最悪になっていると言う。
 そりゃそうだろうな……
 ちょっと鉱山労働者の犠牲が多すぎるわ。
 
 ラリスはそれを金で解決すると言うのだ。
 
ラムリーザ「いくらだ?」
ラリス「5000ゴールド、悪評を金で相殺するんだ!」
リセッテ「ん~……」
 
 あ、リセッテが渋ったw
 ドロヴァスの借金は1000ゴールド。
 ラリスの要求する資金は5000ゴールド。
 そして既にこれまでの累積で6000ゴールドも出資している。
 
 借金の10倍?
 ラリス、お前もちゃんと返せよな(^ω^)
 
 ここまで出資してきたのだから、今更後には引けない。
 仕方が無いので今回も5000ゴールド出してやることにした。
 
 
 そしてラリスは再び遺跡へと向かっていった。

 
 成果が出なかったら、どうなるか分かっているのだろうな、ラリスさんよ(^ω^)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記