home > 投稿 > > 東から昇る ~ハルディンを倒せ~

東から昇る ~ハルディンを倒せ~

 
 海賊の親玉ハルディンを退治するために、単身で砦へと向かうことになった。

 しかし、霧で全然見えない……
 このぶんだと、霧の中から6人の霊が出てきて、鍵爪で切りかかって来るかもしれないぞ?

 ある程度近づくと、岩山が見えてきた。
 しかしまだ砦は見えない。
 よほど深い霧で隠しているのだろうな……
 
 岩山の正面には亀裂があり、そこから中に入れるようになっていた。

 中は洞窟のようだ。
 居るのはカニばかりだけどなw
 中に入ってしまえば、霧は全然関係ない。
 

 洞窟は、途中から砦に繋がっていた。
 うろついている海賊を蹴散らしつつ先に進む。
 外からは霧に隠れて見えなかったが、ハルディンはおそらくここに居るはずだ。
 敵に見つかって合言葉を聞かれても、「月見で一杯」などと言っておけば大丈夫なはずだ。

 
 そしてついに砦の最上階にたどり着いた。

 居た!
 こいつがハルディンだな。
 いつもどおり一撃で仕留めてやったるで。
 
 ハルディン兄ぃ、さようなら!

 Snipe!
 
 
 ふぃ……
 
 
 これで俺の仕事は終わりだ。
 船に戻ってあとは他の者が戦うのを高みの見物と行こうかー。
 
 ………
 ……
 …
 

 ドカーン!
 砦の外に出た瞬間、目の前で爆発が起こった。
 いったい何が始まったというのだ?!
 
 外には海賊のその他大勢がいて、右往左往している者、戦っている者、いろいろだ。

 うおっ!
 海賊に砲撃が命中!
 吹っ飛んでいったよ(;´Д`)
 
 まてよ……?
 ちょっとズレていたら俺に当たっていたじゃねーかよ!
 これはハルディンを倒したので、多分霧が晴れたのだろう。
 
 すでに攻撃を始めてやがる……
 ちょっと待てや!
 俺はまだ敵地にいるんだぞ!(#^ω^)ピキピキ
 
 

ラムリーザ「ハルディンなら退治してきたぞ」
アデライザ「見事だったわ。霧をすばやく消してくれたおかげで、攻撃を開始できた」
ラムリーザ「それはいいのだがなー……」
アデライザ「余計な火の粉を浴びてないことを祈るわ」
ラムリーザ「無差別砲撃していたおかげで、危うく浴びるところだったけどな!」
アデライザ「ま、無事で何より。いつでも帰還できるわ、祝杯を上げましょう!」
ラムリーザ「まぁいーけどねー」
 
 こうして、後は東帝都社の傭兵が片付けることになった。
 仕事の終わった俺は、一足先にウィンドヘルムに戻ることにしたのだ。
 
 東帝都社のオルサスに報告して、海賊退治の件はこれにて終了。
 報酬を頂いて、これにて一件落着っと。
 

 さて、ソルスセイムに戻りますかー。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記