home > 投稿 > > ハグズエンドにて ~何度も消え去るハグレイヴン~

ハグズエンドにて ~何度も消え去るハグレイヴン~

 
 ブライアハートを取るために、ディープウッド要塞にやってきた。
 そして、無事にブライアハートを入手することはできたのだが、そこには新たな遺跡を見つけることになった。
 ということで、もののついでに立ち寄ってみることにしたのですがーあっ!

 ハグレイヴンだ……
 ハグレイヴンが魔女となにか密会している。
 
 やっかいなので、ハグレイブンから退治しておくか……

 ボン!
 俺の矢を食らったハグレイヴンは、怪しい光に包まれて消え去った。
 
 ……ん?
 なんか手応えが違うな?
 ハグレイヴンってやられたら消えるようなやつだったつけ?
 
 
 まあよい。
 
 
 異変に気がついた魔女共を蹴散らし、先に進むことにする。
 ハグレイヴンを退治できたかどうかはわからないが、とりあえずこの場に敵は居なくなったのだ。
 
 
 次の部屋――

 またハグレイヴンと魔女だ。
 
 同じように、ハグレイヴンから始末することにする。

 ボン!
 ここでもハグレイヴンは、怪しい光に包まれて消え去っていった……
 
 なんか調子狂うな~
 勝っているのではなく、逃げられているだけのように感じるぞ(。-`ω´-)
 
 まぁ、気にせずに進むことにしよう。
 
 そしてしばらく進んだ先には――

 再びハグレイヴンと魔女。

 そしてやはり消え去るハグレイヴン。
 
 ん~。
 
 まいっか。
 
 
 そして進むこと数分、遺跡の最上段あたりに到着したようだ。
 そこには、これまでに何度も見かけてきた、シャウトを取得できる壁があったのだ。

 取得した言葉は、「永遠:時間減速」だ。
 あまり使い道の無さそうな力だなっと。
 
 さて、その広間には他には何も無い。
 その先を抜けたところは、遺跡から外に出たようだ。
 生贄のような……

 そして遺跡の先端部にはハグレイブンが――
 
 何も迷うことなく、淡々と魔力の弓を放つ。

 ドーン!
 今度こそ、ハグレイブンは姿も消さずに動かなくなった。
 これでここでやるべきことは全て終わったかな。
 さて、戻るか。
 

ラムリーザ「おかえり」
リセッテ「ただいま――、じゃなくて逆でしょw」
ラムリーザ「今回のお土産はブライアハート!」
リセッテ「心臓のかわりのアレね、気持ち悪い」
ラムリーザ「とっととネロスに届けてしまおう」
 
 
 さてと、マルカルスの執政ラエレクに報告して、ブライアハート集めはこれにて完了っと。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記