home > 投稿 > > ペイル地方にて ~フロストミヤ墓地の蒼白の淑女~

ペイル地方にて ~フロストミヤ墓地の蒼白の淑女~

 
 さて、フロストミヤ墓地の山賊退治だ。
 リセッテを入り口に待たせて、単身奥へと乗り込んでいく。

 屯している山賊を射抜きつつ奥へと進んでいく。
 見た感じはいつもの墓地と同じだ。
 
 だが、山賊たちは何かにおびえているようだ。
 話し声の中に「蒼白の淑女」という単語が出てくる。
 彼らの言う蒼白の淑女とはいったい……
 
 
 
 墓地の奥は、森になっていた。
 地下深くの森――

 ここはいったい何なんだ?
 地下の森……

 ――とその時、傍を一筋の光が横切っていった。
 奥にいったい何があるというのか?
 
 
 なんか、戦ってる?
 幽霊みたいなのとカジートが……

 ひとまず傍観していたら、カジートはすぐにやられてしまったみたいだ。
 なんか恐ろし気な相手だな……
 
 霊体に気づかれないようにこっそり接近してみる。
 いったい何者なんだろう?

 なんともまぁ、ややこしい状態で。
 ひょっとしてこれが蒼白の淑女とやらですか。
 
 さてどうしたものか――
 一気に片付けるか?
 
 秘技! 三連速射法!!

 ドン!

 ドン!

 ドン!
 
 
 ふぃ……
 
 
 ま、こんなもんよ。
 このカジートが噂のラジールか。

 懐を漁ると、一振りの剣が出てきた。

 これが盗み出した剣というわけか……
 
 これで山賊は殲滅できたな。
 ついでに蒼白の淑女とやらも片付いたようだが、いったい何だったんだろう?
 
 ………
 ……
 …
 
 これがお土産だ覚悟しろーっ

リセッテ「ほんとは剣が使いたくて使いたくてしょうがないのでしょw」
ラムリーザ「そんなことはないはずです(;-`ω´-)」
リセッテ「筋骨たくましいノルドがうらやましいのでしょw」
ラムリーザ「だっ、だれがあんなっ!」
 
 エルフこそ至高の種族なのだ!
 
 ……とオンドルマールのおっさんが言ってたよw
 
 
 おしーまいっ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記