home > 投稿 > > ペイル地方にて ~海賊の船長とフロストミヤ墓地~

ペイル地方にて ~海賊の船長とフロストミヤ墓地~

 
 スヴァリスは海賊に会う目的でドーンスターに足を運んでるらしい。
 海賊の砦の場所は、船長のスティグ・ソルト・プランクなら知っているに違いないというのだ。
 
 ノルドとダークエルフの利益争いで、ノルドの方の肩を持つ必要は無いが、報酬が目的ということでひとつ、
 久々にドーンスターに行ってみますか。
 
 かつてドーンスターはストームクローク派の怖いおっさんが仕切っていて、おっかない街であった。
 でも今は、穏やかなブリナさんが統治している安全な港町だ。
 季節も移り変わり、雰囲気変わったな。

 今回用があるのは、船長のスティグ・ソルト・プランクだ。
 そういう人は、たいてい酒場に居ると思うので、そのまま向かうことにする。

 船長はすぐに見つかった。
 彼の話では、帝国も住民も戦争で忙しすぎて、海賊を気にしている余裕がないようだ。
 ハルディンという魔闘士が親玉でブラッドホーカースを仕切っているというのだ。
 
 そこで、しかし会合が行われる場所を聞いてみたが、予想通り教えてくれない。
 俺は殴り合いをするほど野蛮な男ではないので、少しばかりの金を握らせてみることにした。
 これまでの経験上、こういった連中には、賄賂が有効なのだw
 
 するとスティグはすんなりと口を開いた。
「ジャフェット・フォリー」というところで会合を開くというのだ。
 
 これであっさりと目的達成。
 あとはウィンドヘルムにもどって報告するのだが――
 
 
 そもそもスカイリムに戻ってきたのは、ブライアハートの採取と、ジュニパーベリーの採取だったな。
 ちょっと寄り道して行きますか。
 
 酒場から出るときに、一人の帝国軍兵士とすれ違った。
 ここは帝国領だから当然といえば当然だが、彼は一言――
 
帝国軍兵士「フロストミヤ墓地には気をつけろ。今では廃墟に山賊が住んでいるそうだ」
 
 ――だとさ。
 
 墓地荒らしの山賊かぁ……
 
 スカイリムの治安向上のため、ついでに殲滅しておきますか。
 山賊は野放しにしていたらろくなことないからな。
 それを言えば、海賊もか……
 
 
 というわけで、さらに寄り道して「フロストミヤ墓地」にも向かっておくことにしましたとさ。

 ここがフロストミヤ墓地。
 外には山賊の一味が立っているようだが、とくに敵意は無さそうだ。
 ――というより無関心というか。
 
 ここでいったい何があったと言うのだ?
 気になるのでこの賊の懐を探り、出てきた日誌を見てみることにした。
 
 どうも仲間とともにここへ「剣」を取りに来たようだが、「蒼白の淑女」というものに襲われているようで。
 
 いったい何者だ?
 
 
 とりあえず中に進むことにした。
 蒼白の淑女も気になるが、山賊も始末しないとな。

 ふむ……
 さっそく山賊がいますな。
 何か言っているようだが?
 
山賊A「ラジールはいつも彼女を厄介事に巻き込んでいたよ……」
山賊B「でも、ボスの剣を盗むって? 彼、死にたいのかしら?」
 
 ラジール?
 日誌にも名前がでていたな。
 蒼白の淑女にうなされていたような感じだったな。
 
 
 さて……
 
 
ラムリーザ「リセッテはここで待っていてもらった方がよさそうだな」
リセッテ「そうね、気をつけていってらっしゃい」

 って、住み着くつもりかいw
 
 
 まあよい。
 
 山賊退治に向かいますか。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記