home > 投稿 > > 黒の書:秘められし黄昏

黒の書:秘められし黄昏

 
 さて、テル・ミスリンにあった黒の書の中に突入だ。
 ミラークに対抗するために、一つでも多くの力を得ておきたいからな。

 毎度お馴染みの風景。
 イエローの空に本でできた壁、床に散らばる書類。
 ハルメアス・モラの領界は、いつ来ても慣れない場所だ。
 知識を求める者も大変だw
 

 そして毎度のシーカー。
 こいつを退治すると、残骸の塵の中から何冊かの本が出てくるのだ。
 本でできた魔物なのだろうか……

 ここにもアスレチックな場所がある。
 タイミングよく渡っていかないと、下に落とされるのだ。
 ここの水に入ると体力を奪われてしまうので、落ちないようにしなくてはな。

 そしてここでも触手に襲われる。
 こっそり移動ばかりでなく、時には俊敏に動く必要もあるってもんだ。

 途中、なんだか気味の悪い目玉のようなものが水面に居たりした。
 こいつは何者?
 水の中から触手を伸ばしてくる奴の目なのだろうか?
 
 
 このアポクリファも、第一章から始まって、章仕立てで進んでいくようだ。
 第八章まで進んだところで出てきたものは――
 

 またこいつらか。
 ルーカーが触手を伸ばして威嚇してらぁ。

 二連速射法でおしまいっと。
 
 
 ふぃ……
 
 
 さて、門番みたいなルーカーを退治して、その先に向かった所にあったものは――

 黒の書:秘められし黄昏だ。
 ここでは以下の力から、一つを選んで取得することができる。
 
 
1.モラの苦痛:辺り一面にうねる触手を召喚し、敵を毒に侵す。
2.モラの支配:ターゲットをオブリビオンとタムリエルの間で30秒停止させ、全てのダメージを無効化する。
3.モラの恩恵:体力、マジカ、スタミナを完全回復する。

 う~む……(。-`ω´-)
 
 2は敵にかけるアストロンみたいなもので、あまり意味は無さそうだなー。
 3は、狙撃手たる自分には不要なものだな。そもそも敵に触れられる事すら稀だ。
 
 というわけで、触手プレイは趣味じゃないが、ここは「モラの苦痛」を受け取っておくか。
 
 
 
 これにて、秘められし黄昏の探索はおしまい。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記