home > 投稿 > > 大地の岩の呪縛を解き放とう

大地の岩の呪縛を解き放とう

 
 レイブンロックにて。
 新しい執事を探している間に、気が付けば夜中になってしまっていた。
 夜中と言えば――

 町の人が、外れにある大地の岩へ向かい始める頃だ。
 まだ操られているのは夜の間だけだが、その内一日中になるという。
 その前に解放してあげなければな…… 
 

 石柱にゴルを放つと、黒い化け物が出てくるのが定番となっているようだ。
 この辺りで良いだろう。
 早速始めるか……
 
リセッテ「プロサルファー?」
ラムリーザ「おほんw」
 
 調子狂うなぁもーw
 
 ゴルッ!

ラムリーザ「……ゴサーティン!」
リセッテ「……変な人」
 
 などと、のんびり言葉遊びをしている場合ではない。
  大地の岩周辺に建造されていたものが吹っ飛んだ!

 そして出てきたぞ黒いやつ!
 ルーカー・センチュリオンという名前らしいが――
 
 奴はこれまでと同じように、触手を伸ばして暴れ始めた。
 そして正気に返り、慌てて逃げ出す町の人々。
 
 その隙間から一撃を叩き込むチャンスを伺う俺。
 ルーカーも俺の姿を見つけて、今度は触手を飛ばしてきた!

 相打ちの図w
 
 ………
 ……
 …
 
 ふぃ……

 相打ちになったが、意外と平気だ。
 ネスロスの魔法の加護でもあったか?
 
 とにかく、これでレイヴンロックもミラークの魔の手から逃れることができたわけだ。
 鍛冶屋のグローヴァーなんぞは、操られていたことに憤りを感じて荒れ狂っているもんだ。

 うむ、それならミラーク退治に是非参加してもらいたいですなw
 
 雑貨屋のフェシスも操られていたことは不快だったようだ。

 どうぞどうぞ、あなたも参加してくださいw
 
 
 なにはともあれ、これでレイヴンロックも平穏が戻るだろう。
 
ミロール「この辺りを誰が仕切っているか、ミラークに示したわね!」
ラムリーザ「つまり、俺が仕切っているということか?」
ミロール「あっ、ネッチゼリーが足りないわ。来月まで待ってもらわないと、数が集まらない!」
ラムリーザ「なんやそれ?」
グローヴァー「人の心を盗むなんて、絶対に間違っている。あのイカれ野郎から救ってくれてありがとよ」
ラムリーザ「……どういたしまして(。-`ω´-)」
リセッテ「(じ~っ)」
 
 その力を得ようとしている者がここに一人……
 悪用だけは絶対にいかん力だな……
 

 うむ、触っても囚われない。
 大地の岩の呪縛は解き放たれたな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記