home > 投稿 > > 救いと破滅、そしてミラークと同じ道……

救いと破滅、そしてミラークと同じ道……

 
 アポクルファでハルメアス・モラに遭遇し、「精神、服従」のシャウトを取得した。
 しかしミラークに対抗するためには最後の言葉も得なければならないのだ。
 そのためには、スコールで長年に渡り秘密とされていた知識を、ハルメアスに代償として支払わなければならないのだ。
 
 ふぃ……

リセッテ「あ、戻ってきた」
ネロス「どうなった? 何を目にした?」
ラムリーザ「不本意ながら、ハルメアスに仕える事になっちまったい」
ネロス「となると、驚くほど正気を保っているな……」
リセッテ「この人は普段から割と正気じゃないから、丁度良かったのかもw」
ラムリーザ「うるさいよw」
 
 ネロスにハルメアスが、スコールの知識を求めているということを話すと、いろいろと考えることがあると言った。
 どうやら、黒の書の残りを見つける方法について、考えが浮かんだらしい。
 急いでテル・ミスリンに帰るというので、ここで別れることになった。
 
 
 さて、我々も帰るか。
 
 
 ――と、チャルダック遺跡から出てきた我々を待ち構えていたものは!

 銅鑼をゴーンと鳴らして、ドラゴーン!
 待ち構えていたのか?!
 
 またミラークがハイエナのマネをやりに来るからスルーしようかな、とか思うのだが……
 
 丁度帰り道になる所で大暴れしているのだ。

 退治しないと帰れそうにないな。
 
クロサルハー「ミラークが戻れば、万物がその前にひれ伏す事になる」
ラムリーザ「いや、その役目は俺のものだ!」
リセッテ「何ですって?」
ラムリーザ「いや、なんでもなかとですばい(。-`ω´-)」
 
 ってか、このドラゴンはミラークの肩持ってやがるな。
 ミラークの僕にでもされたか?

 降りてきたところに必殺の一撃だ!
 ミラークから解放してやろうではないか。
 
 ――退治してしまうことになるが……
 
 
 まあよい。
 
 
 今回は魂を吸収できた。

 どうやらハイエナ野郎は現れなかったようだなw
 ドラゴンの魂が欲しければ、自分で狩って回れってーのっ!
 
リセッテ「あなた、ちょっといいかしら?」

ラムリーザ「なんぞ?」
リセッテ「ハルメアスに何を言われたの?」
ラムリーザ「いや、知識と知識の交換とか言われただけだが……」
リセッテ「それだけ?」
ラムリーザ「なんだよ?」
リセッテ「さっき口走った『その役目』ってのが気になって……」
ラムリーザ「……いつもの戯言だ」
リセッテ「だといいけど……」
 
 うむ、人を操る力のことか……
 この力があれば、ミラークのように人を操って好き勝手できるんだよな。
 なんという力を得てしまったんだ。
 
 そういえばスルトンは言っていたな。
 俺はミラークと同じドラゴンボーンだと。
 その事が救いとなるか、破滅になるか……
 
 
 そしてこの先はミラークが歩んだものと同じものなのだということを……
 
 
 確かにその通りだ。
 いろいろと人生について考えさせられるな……

 
 とにかく、こうしてチャルダック遺跡での冒険は、幕を閉じたのであった。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記