home > 投稿 > > チャルダック遺跡にて5 ~最後のキューブ~

チャルダック遺跡にて5 ~最後のキューブ~

 
 最後のキューブを求めて、ついにチャルダック遺跡の最深部に向かうことになった。
 ここが最深部――

 そこは、ドワーフの回転するカッターが仕掛けられた間であった。
 手前には罠のスイッチが――
 
 頼むから踏んでくれるなよ、わんわんお……
 
 カッターの動きをよく見て、当たらないように進んだ先は――

 キューブ発見!
 しかし足元には罠が……
 
 横にある顔の置物の目の部分が怪しい。
 踏んだらそこから何か出てくるのがわかっているから踏むなよ……
 
 さて、これで全てのキューブを手に入れたことになるな。
 
 
 しかし、キューブを手に取ったとたんに、どこからとも無く水が押し寄せてきたのだ。

 汚染水……(;´Д`)
 
ラムリーザ「汚染水、汚水……、というか灰汁(;´Д`)」
リセッテ「どこか綺麗な水場で水浴びしたいわね」
ラムリーザ「リフテン北の温泉地域とか?」
リセッテ「あ、いいねそこ」
 
 とにかく広間に戻ろう。
 なんか「わんわんお」が沈んでいるしw
 
ネロス「キューブはあったか? よしよし、ならばこのキューブを取って先に進もう」
ラムリーザ「待った、それを取ったら水位が――」
ネロス「気をつけろ。両方のポンプが止まって、水位が前より高くなっているぞ」
ラムリーザ「わかっとるわい!」
リセッテ「要人様よ、失礼ですよ(ボソッ」
ラムリーザ「ネロス殿、わかっておりますわよ!」
リセッテ「何で『オネエ言葉』になるのよww」
 

 せめて俺達が戻ってからポンプ動かせや!
 
ネロス「思ったより簡単だったな。汚れ仕事を引き受けてくれて助かっているよ」
ラムリーザ「いえいえネロス殿、どういたしましてですわ」
リセッテ「もう要人じゃなくていいから、普通にしゃべってちょうだい・・(´-ω-`)」
 
 まぁ、ボイラーに戻るには、結局泳がなければならないんだけどなw

 この広間、完全に水浸しだしなー。
 
 さて、再び汚水を通り抜けて、ボイラーのある広間に戻ってきたぞ。
 そら進めーっ!

 キューブの数は5つ。
 そのうち1つを使って、ボイラーの位置まで水位を下げるのだ。
 そして残りの4つをボイラー作動に使用すればよい。
 キューブを設置すると、ボイラーは回転を始め、蒸気を発しだした。

 こんな具合にな。
 ドゥーマーの遺跡の動力源は蒸気か。
 プシュー、プシューいってるもんな。
 
ラムリーザ「プシュー、プシュー」
リセッテ「マネしなくていい」
ネロス「うまくいったようだな。よし。予想より時間がかかったが、とにかくできた」
ラムリーザ「さて、いったい何が起こるのやら……」
ネロス「気をつけろ! またスチーム・センチュリオンだ!」
 
 またかーっ!
 なんか動作させるごとに動き出しやがる。
 いい加減、くどいよっ!

 
 ふぃ……
 
 
ネロス「上の階に戻って、閲覧室に蒸気が来ているかどうか見てみよう。来ていたら、例の本も簡単に手に灰はずだ」
 
 いよいよ黒の書との対面か。
 長かったな……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記