home > 投稿 > > チャルダック遺跡にて3 ~キューブを求めて~

チャルダック遺跡にて3 ~キューブを求めて~

 
 黒の書を求めてチャルダック遺跡を進む一同。
 そのために必要なキューブを5つ探しているところだ。
 現在2つ所持、あと3つだ。
 
 チャルダックの大工房下層部で来たに向かう扉は、高い位置にあって進むことができなかった。
 しかし、広間の中央にある台座にキュープを設置してみると――

 階段ができた。
 わかりやすい仕掛けだったな。
 
ネロス「ふむ、ここには何も無いな」
 
 なんて言ってるが、

 キューブがありますよw
 これで3つ発見、あと2つ。
 
ネロス「テルヴァンニのウィザードから隠れられると思うな!」
ラムリーザ「なんやね?」
リセッテ「キューブは隠れていたみたいだけどねw」
 
 ネロスの元に戻ってみると、襲われている真っ最中だったw

 キューブをどうにかすると、ドワーフスパイダー等が現れるような仕組みにでもなっているのだろうか。
 ついさっき、「ここには何も無い」と聞いたばかりなのですがー。
 何も無かったことにしてあげるから、せいぜいがんばりたまへw
 
 だがネロスはマスターウィザードだ。
 あっさりとスパイダーどもを片付けてしまった。
 
ネロス「残念だが、キューブを外すと対応するポンプが止まって水位が上ってしまう。注意してやらんとな」
ラムリーザ「ほい?」
 
 ネロスの言うとおりだった。

 大工房下層部は再び水没してしまっていた。
 やれやれ、いらんことしたかな。
 でもキューブが手に入ったんだからこれでよし、あと2つ。
 
 次に向かったところは南の扉だった。
 先ほど行ったけど、道が崩れていて進めない場所だったが――

 水位があがって水溜りができている。
 
ネロス「向こうに道があるな。水位が高ければ行けるはずだ」
 
 さらに水位を上げるには――
 
リセッテ「最初にここの水位を下げた台座で水位をもどしたらどうかしら?」
ラムリーザ「なるほどね」
ネロス「水位が高ければ、道の壊れた箇所を泳いで、反対側まで渡れる」

 つまり、ここに再びキューブを設置してみるということだ。
 最初は水位を下げるために動かしたのだ。
 今の水位が上った状態で、元に水位に戻そうとすると――

 溢れてきましたーっ。
 南の通路にも思いっきり水が流れ込んでいっております。

 というわけで、上った水位の所を泳いで行きましたとさ。
 
 
 渡った先では、またドワーフスパイダーが暴れていた。

 細かいのはネロスに任せるとして、よく見ると上の通路にも何か機械が居るぞ。
 そしてその機械は、小さな矢をこちらに飛ばしてくる。
 ドワーフバリスタだ!
 
 目には目、歯には歯。

 矢には矢だ!

 この分だと、こっちが先に当たるな。
 最近ネロスとフィニッシュ合戦しているようなものだしなw
 
 この通路の先に、新しいキューブが置かれていた。
 これで4つ発見したわけだな。
 あと一つだ。
 
ネロス「いいぞ。これで4つすべてのキューブが揃ったわけだ。どこかに落としていないだろうな」
ラムリーザ「すべて?」

 数が分からなくなったけど、ネロスが言うならこれで全部か。
 
 
 揃ったのならそれでよし。
 ボイラーとやらを動かしに戻りますかい。
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記