home > 投稿 > > チャルダック遺跡にて2 ~5つのキューブ~

チャルダック遺跡にて2 ~5つのキューブ~

 
 黒の書を求めてチャルダック遺跡にやってきた。
 しかし、部屋に蒸気を送り込まないと、黒の書を取り出すことができないのだ。
 そこで蒸気を送り出すボイラーを求めて、エレベーターを使い遺跡の奥へと進んで行ったのだ。
 
 そこは、水が溜まった広間であった。
 ネロスの話では、ここをノルドが征服しようとした時、ドゥーマーは街全体を海に沈めて、敵が諦めるのを待ったという。
 つまり、内部に溜まった水をどうにかできる仕組みがあるというわけだ。

 見ての通り、街の下層はほとんど水没している。
 だが、前述の通り、古いドゥーマーのポンプがまだ使えそうなのだ。
 
 ネロスが持っていたキューブを台座に設置すると、溜まっていた水が引き始めた。

 水が引き、そこに現れたものが4つのボイラーだという。
 このボイラーを使って、上層に蒸気を供給するのだ。
 そのためには、残り4つのキューブ、合計五つ探し出す必要があるわけだ。
 
 だがほとんどのキューブは下層に移動されたという……
 
 他の層へ移動するために、いったんここに設置したキューブを回収する事になった。

 再び水に浸る……
 
 回収したキューブを、今度は扉の前で使用するのだ。
 この遺跡には、開くためにキューブが必要な扉があるのだ。

 キューブを設置すると、扉のロックが解除され、先に進めるようになったのだ。
 
 
 進んだ先に、キューブが一つ置かれていた。

 他のキューブも、簡単に見つかるといいんだけどなぁ。
 
 
 ここはチャルダックの大工房。
 この街の絶頂期には、完全なオートマトンを一日で組み上げたと言われている。
 レッドマウンテンの戦いにおけるドゥーマーの軍勢は、ここから来たに違いない。
 ……とまぁ、ネロスの説明を聞きながら進むわけだ。
 俺はそんな話、知らないからなっ。

 だが例に漏れず、ここも水没している。
 
ネロス「先へ進むには、水位を下げなければならないようだな」
ラムリーザ「さっきのキューブを?」
ネロス「そうだ。こうした柱が、部屋のポンプを作動させるのだろう。まだ動いていたらな……」
 
 ネロスの言うとおりにキューブを設置してみる。

 すると水位が下がり、下層へと進むことができるようになった。

 同時にドワーフスパイダーが暴れ始める。
 めんどくさいのでネロスにお任せの図w
 
 
 さて、チャルダックの大工房下層部。
 工房というだけあって、まだ動くやつも残されていた。

 邪魔をするな、ポンコツめ!
 
ネロス「さて、工房の北側にある扉までどうやって上るかに注力するべきだな」
 
 北側の扉か……

 扉の位置は高い場所にあって、ジャンプして届く距離ではない。
 橋を架けるかどうにかして、そこに辿り着く手段を考えなければならない。
 手前にはキューブを設置する台座があるが……
 
 
 周囲を見渡してみると、南側にも扉があることが分かった。

 南側の扉には行くことができたが、その先は道が崩れていて先に進めない。
 
 やっぱ北側か。
 
 さて、どうするかな?
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記