home > 投稿 > > 太陽の岩を浄化

太陽の岩を浄化

 
 黒の書についてはテル・ミスリンのネロスに聞けばよいらしい。
 そこで再び、キノコが生茂る地に戻ることになったのだが――

 これだよな……、問題は。
 スコール村の風の岩のように、ここは太陽の岩と言うようだ。
 ここでも、ミラークに操られた人々が、うつろな表情手
 
 同じように、服従のシャウトを使えば解放されると言うが――
 
ラムリーザ「解放しとくか」
リセッテ「そうね、少しでもミラークに抵抗してやらないとね」
ラムリーザ「とりあえず弓を用意して、と。またなんか黒いのが出てくるかもしれないからな」
 
 というわけでー、プロサルファー……

 ゴル!
 
 服従のシャウトの衝撃を受けた建造物は、粉々に砕け散った。

 我ながらすごい威力だ。
 そして風の岩の時と同様、操られていた人々は解放されたようだ。
 
 ここまではよし。
 
 問題は――

 やっぱ出てきた。
 こいつを封印するのが目的の建造物なのか?
 それとも建造物を破壊された腹いせに暴れだすのか……
 
 触手を伸ばして周囲の人々に襲い掛かる。

 そして逃げ回る人々。
 解放した張本人は遠くに構えているものだから、近くに居る無関係の人々にやつあたりするしか無いのだよなw
 
 囮になってもらって忝いw
 
 こっちは落ち着いて――

 Snipe!
 
 
 ふぃ……
 
 
 なんなんだろうね、この現れる黒くて大きい物体は。
 ま、とにかく、ここは解放された。

略奪者A「アズラの光のお導きを!」
略奪者B「忌々しいウィザードめ! 貴様のご立派な大学にはふさわしくないってか、ええ?」
 
 なんか略奪者の集団だけど、解放してあげた俺たちに対して敵意は無いようだ。
 たまねぎと同じ神を信仰している奴は、いくら凄んで見せたところで、どうせネタキャラにしかならない運命なのだ……(。-`ω´-)
 
 解放したあとの太陽の岩に触るとどうなるかと言うと――

 なんか光り輝いて力を得たようで。
 
 
 
 以上、太陽の岩の浄化作業、おしまい。
 この調子で、ミラークの野望を邪魔していこうじゃないか。
 
 
リセッテ「……で、プロサルファーって何よ?」
ラムリーザ「わいはゴルや! プロサルファーゴルや!!」
リセッテ「…………(今更だけど、変な人……)」
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記