home > 投稿 > > スコール村にて ~ミラークに対抗するために~

スコール村にて ~ミラークに対抗するために~

 
 スコールの村。
 結界の必要がなくなったのか、空は晴れ上がっている。

 
スルトン「勝利したのだな、気配で分かる」
ラムリーザ「こんな顔『(´・ω・`)』して戻ってきたらどうなってたかな?」
リセッテ「あなたはいつもそんな顔してるでしょw」
ラムリーザ「そんなことはないっ(`・ω・´)」

スルトン「空気が変わった。我々の安全は、そなたの成功を意味する」
ラムリーザ「村人は解放されたっ!(`・ω・´)」
スルトン「そのようだ。そなたはスコールに味方をしてくれた。よってスコールもそなたに味方をしよう」
ラムリーザ「その味方はガンブレードで戦ってくれるのか?」
ウラッグ「バラムガーデンのSeeDではない」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 
 とにかく、これでスコール村の脅威は去ったことになった。
 村人も戻ってきて、かつての活気を取り戻すことができたのだ。
 これからのことについてだが、ミラークに対抗するためにやるべきことは二つあるようだ。
 
 一つは、今回破壊した風の石以外の石柱についても、同じように服従のシャウトで解放していくこと。
 他の岩も解放できれば、ソルスセイムに広がりつつある邪悪な力を弱められるだろう。
 そうすることで、ミラークの企みの足止めになるかもしれないというのだ。
 聖なる岩は6つ、風、水、大地、獣、太陽、樹だ。
 それらを通じて大地は一つたりえているというのだ。
 
 もう一つは、「黒の書」についてもっと知る必要だ。
 ミラーク自身が学んだ知識を学ぶということだ。
 
ラムリーザ「要するに、敵を知り己を知れば百戦危うからずってことだな」
リセッテ「自分のこと知ってるの?」
ラムリーザ「俺の名前はラムリーザ、ドラゴンボーン^^であり、叔父に権利剥奪されたアークメイジであり、授業サボりっぱなしの吟遊詩人大学生であり、退役帝国軍人であり、リセッテの嫁である、ホワイトランの撒き割り職人だ」
リセッテ「……突っ込みたいところばかりだけど、一つ除いて一応知っているということがよくわかったわ」
ラムリーザ「俺は全て正直に現状を答えたぞ?!」
リセッテ「私の何ですって?」
 
 
 こほん
 
 
 黒の書については、ダークエルフのウィザードであるネロスであれば、知っているかもしれないと聞いた。
 読んだ時に姿が見えたということは、黒の書とミラークに繋がりがあるということなのかもしれないのだ。
 
 
ストルン「だが用心するといい。この先はミラークが歩んだものと同じものなのだ」
ラムリーザ「同じにはならん。俺にはリセッテが居る」
ミーコ「わんっ」
ラムリーザ「……と、こいつがw ミラークとは人望の差がが違う」
リセッテ「人望ねぇ……」
ラムリーザ「俺はいろいろと好かれているんだぞ、いろんな街の首長とか……」
リセッテ「バリマンドとか?」
ラムリーザ「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
ストルン「闇に触れられる事のない事を」
 
 全くだ……
 闇に触れられてはアカン。
 バリマンドに触れられることも、もちろんいけない!
 
 
 さて、次の目的地に向かいますか!(`・ω・´)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記