home > 投稿 > > 海賊王ハクニール・デスブランドの財宝

海賊王ハクニール・デスブランドの財宝

 
 次の目的地は、サエリングズ・ウォッチである。
 そこでミラークが遥か昔に学んだ言葉を学ぶことが必要になった。
 
 というわけで、一旦ソルスセイムの北の果てまで行ってみることにした。

 今まで行ったことのあるどの地域よりも北なんだよな。
 
 スカイリムの最北端は、流氷まで流れている地だったが、ソルスセイムの北はそこまで冷え切ってはいない。
 まぁ、今が夏だからというのもあるのだろうが……
 
 北の島にテント発見。

 旅人か、狩人か、それとも――
 
ミーコ「キャン!」

 わんわんおが射抜かれた!
 山賊、ここだと強盗団の類だったか!
 
ラムリーザ「応戦だ! 反転して応戦だ!」
リセッテ「いけません! 勝敗は目に見えています。今は少しでも犠牲を――」
ラムリーザ「黙れ! 俺は卑怯者にはなれん!」

 そりゃ! 膝矢!
 心を入れ替えて、衛兵として余生を過ごせ!
 
 残るは親分らしきものだけ。

 貴様の命は風前の灯だ!
 
 
 ふぃ……
 

リセッテ「だから勝敗は目に見えているって言ったのにw」
ラリムーザ「別に忠告しなくてもいいじゃんよw」

 こいつ、海賊だったのか。
 なにやら地図のようなものを持っている。
 
リセッテ「ゲルディスの言っていた、『海賊王ハクニール・デスブランドの財宝』とはこのことかしら?」
ラムリーザ「×印のところに宝があるとしたら、一つはここら付近にあることになるな」
 
 手分けしてここら付近を散策してみることにした。

 すると、この小島に宝箱が一つ設置されていた。

 中身は「デスブランドのヘルム」でした。
 
リセッテ「兜は、使わないね」
ラムリーザ「財宝扱いだな」
 
 かぶってもどうせ「似合わない」と言われるのがオチだから、ここはこのまま所持だけしておく。
 あと3箇所。
 全て見つけることができたら、デスブランド装備で身を固めることができるのかもしれないな。
 重装だろうが、軽装だろうが、防具は身につけないけどw
 
 
 狙撃手には無用の長物なのさ。
 
 ………
 ……
 …
 
 ソルスセイム北の果て。

 うむ、波が荒い。
 そして島ひとつ無い大海が広がっているようだな。
 
 思えば遠くへ来たもんだ~
 故郷離れて……、半年?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記