home > 投稿 > > ミラーク聖堂にて ~ドラウグルの癖に……~

ミラーク聖堂にて ~ドラウグルの癖に……~

 
 ミラーク聖堂で隠し通路を発見し、先に進むことにした一行。
 
 俺は全然意識してなかったが、彫像の数が奥に進むたびに増えているそうだ。

 そしてこれが彫像。
 
フリア「そのハンドルを引く栄誉は、あなたに譲るわ。あの彫像の口に手を近づけたくないの」
ラムリーザ「ノルドの癖に勇気無いのぉw」
 
 ハンドルを引くと、背後の床が開き、下に向かう通路が姿を現した。

 何も罠は無いじゃないかw
 
 まぁ、ミラークに操られなかった最後の一人だということで、必要以上に慎重になっているというのも分からんでもないが……
 
 ハエトリグサみたいな篝火だな。

 なんかこれは欲しくなったりしてw
 
リセッテ「なに見つめているの?」
ラムリーザ「この篝火、家に飾りたくない?」
リセッテ「あまりいい趣味じゃないわねぇ……」
ラムリーザ「左様でごじゃるか?」
 
 板張りの通路を通り抜けた先は、広い空間になっていた。

 遠くにドラウグルが居ますねぇ……
 
 こっそりと近づいていく。
 どうせフリアやわんわんお、最近ではリセッテも突っ込んで行くのだろうがな!

 スケルトンも多いな。
 これは任せてもいいだろう。
 俺の注意はドラウグルにある、スケルトンなど雑魚だ。
 
 この場に居るドラウグルは二体。
 手前のドラウグルはフリアが引き受けることになった。
 その間に奥に居る奴はここから狙撃で……
 
 
 ロ……ダ!
 
 
 前半部分は聞き取れなかったが、唐突に奥に居たドラウグルが叫ぶ。

 うおっ!
 俺は間一髪避けたが、戦っているフリアとドラウグルが吹き飛ばされる。
 
 これは「ふすろだ」だ……
 
 ドラウグルの癖に「ふすろだ」放ってくるなんて生意気だぞー!
 こいつもドラゴンボーンかよ全く!

 話がややこしくなるからくたばってろった!
 タダでさえ真のとか偽とかのドラゴンボーン騒動が起きているのに、ドラウグルまでドラゴンボーン正当性大会に参加してくんなw
 
 もう一体のドラウグルも、フリアによって仕留められたようだな。
 
 さて――

 この広間の正面にあったものは、なんだかよくわからない彫像だった。
 デイドラのハルメアス・モラっぽい気がするが……(。-`ω´-)
 ここはハルメアスのデイドラ神殿だったのか?
 
 
 しかし長い旅だな。
 ミラーク聖堂は、かなり層が深い所まであるようだ。
 
 なかなか目的地まで辿り着かない……
 そもそも、何が目的なのだ?
 ミラークについて、何か分かることがこの先にあるというのか?
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記