home > 投稿 > > レイヴンロックの市民権獲得

レイヴンロックの市民権獲得

 
 さて、アッシュファロー要塞にてヴェンディルは滅び去った。
 モラグ・トングと呼ばれるモローウィンド出身の暗殺者を率いていたが、俺の敵ではなかったようだ。
 このことをエイドリルに伝えるために、再びレイヴンロックへ戻ることにした。
 
 すると突然奴が現れたのだ!

 ぬおっ?!
 
ラムリーザ「出たな! 変態め!」
配達人「何故だ! ちゃんと着てきたぞ!」
ラムリーザ「服を着ているとは珍しいじゃないか!」
配達人「それが普通じゃないか?!」
ラムリーザ「お前が言えたことか?!」

リセッテ「まあまあ、この人が来るってことは、何か配達物があるってことでしょ?」
ラムリーザ「ソルスセイムまでご苦労なこったな」
リセッテ「あなたの叔父様からかしら?」
ラムリーザ「…………(;´Д`)」
配達人「レイヴンロック近くで興奮した感じのダークエルフに渡された。できるだけ早く渡すようにと念を押されたよ」
ラムリーザ「誰や」
配達人「えっと、ラリスとか言ったかな?」
リセッテ「どうやら発掘に進展があったようね、後で行ってみましょうよ」
 
 うむ、そんな話もあったな。
 たしか1000G出資してパトロンになったんだっけな。
 
 
 その前にエイドリルだ。

ラムリーザ「ヴェンディルを退治してきたぞい」
エイドリル「ならばようやく終わりだな、これで。ところでレドランの衛兵はどうなったのだ?」
ラムリーザ「着いた時にはもうやられてたよ。相手はモラグ・トングの暗殺者だっけな」
エイドリル「ええい、彼らを送ったのは民を守るためで、被害を出すためではないのに!」
ラムリーザ「全て退治して、仇討ちはしたよ」
エイドリル「うむ、素晴らしい、実に素晴らしい! モーヴァイン評議員が聞けば、たいそう喜ぶだろう!」

 ということで、評議員の所に向かうことになった。
 この事で、何を貰えるのかなー?
 従士にでもしてくれるのかなー?
 
 
 
モーヴァイン「レイヴンロックの民のためにしてくれた事は、旅の訪問者に期待することをはるかに越えている。心から感謝する」
ラムリーザ「いやぁ、それほどでも……、あるよ♪」

 モーヴァイン評議員は、ヴェンディルを倒したことを非常に評価してくれたようだ。
 そして、活動相応の報酬を頂くことになったのだが、それはゴールド以上の価値があるものだとか。
 
 それは、セヴェリン邸とレイヴンロックでの市民権だった。
 
 セヴェリン家が罪人と分かったので、その財産を没収し、それをそのまま頂ける事になったのだ。

 ふぃ……(。-`ω´-)
 
リセッテ「何をやってるのかしら?」
ラムリーザ「市民になったつもり」
リセッテ「市民と評議員は違うと思うよ」
ラムリーザ「なにぃ?!」
 
 
 というわけで、俺達はレイヴンロックに活動拠点を設けることができたのだ。

 これが新しい家。
 ソルスセイムは、ずっと灰が降っている状態だから、このように隙間の無い構造の家が普通なんだよね。
 
 あと頂いたのが市民権。
 それって、従士みたいなものかな?
 
ラムリーザ「金の方がよかった?」
リセッテ「金なら他の方法でも手に入るわ。それに、家も財産の一つだしね」
ラムリーザ「市民権という従士の称号みたいなものも手に入ったしな」
リセッテ「家がたくさん増えて、管理がしにくくなったね」
ラムリーザ「とりあえず、本拠地はソリチュード、別荘がレイクビュー」
リセッテ「ここは?」
ラムリーザ「ここは灰だらけだしなー」
 
 
 なにはともあれ、レイヴンロックでの俺の立場は大きなものとなったのだ。
 ソルスセイムにも家ができたことだし、これはこれでめでたしめでたしってことだね。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記