home > 投稿 > > アッシュファロー要塞攻防戦 ~セヴェリンの最期~

アッシュファロー要塞攻防戦 ~セヴェリンの最期~

 
 さて、フラール家の者たちが立て篭もるアッシュファロー要塞。
 レドラン衛兵のうち、最精鋭の2名を送って対処するので、その手助けをしてほしいとのことだったが――

 何だか様子がおかしいぞ?
 既に撃ち滅ぼされているじゃないか(;´Д`)
 
 テル・ミスリンとか行ってのんびりしていたからか?
 
 
 いや違う!
 
 
 俺はもともと「手助け」で駆けつけるはずだったんだ。
 手助けに入る前に撃ち滅ぼされたか、もっと言えば援軍が駆けつけるまで待っていればよかったのだ。
 そもそも要塞の外に居る見張り程度にやられること自体、実力不足なのだ!
 
 しかしレドラン衛兵のうち、最精鋭の二人がこのざまかよ……
 敵は相当できる奴に違いない。

暗殺者「ゲス野郎め!」
 
 
 居た!
 あいつがレドラン衛兵をやっつけたのか!
 いつも通り「わんわんお」が見つかってらw

 犬とじゃれ合ってんじゃねーよっ。
「わんわんお」の尻に敵の矢が刺さってらw
 
 
 う~む……(。-`ω´-)
 しかしここの要塞にリセッテを連れ込むのは危険だな。
 冒険じゃないんだ、これは戦闘なんだ。
 それに、外の見張りレベルで、レドラン衛兵の最精鋭がやられてしまうんだ。
 敵が強いのか、レドラン衛兵がしょぼいのか……

 とにかくリセッテは外に待機させておくか。
 
リセッテ「気をつけて行ってきてね……」
ラムリーザ「おい『わんわんお』、リセッテはお前が守るんだぞ」
ミーコ「わんっ」
 
 というわけで、単身、アッシュファロー要塞に乗り込むことにしたのであった。
 
 ………
 ……
 …
 
 しかしこれがこれで楽勝なのだ。

 ほいっ

 ほいっ
 襲い掛かるモラグ・トングの暗殺者を、出会い頭に一撃撃ち込んで沈めるだけ。
 レドラン衛兵程度なら、レイヴンロックに攻め込んで勝てただろうな。
 しかし今では、レイヴンロックには俺がついている。
 そう簡単には落とせないぞ。

 死屍累々w
 
 って待てよ?
 俺っていつからレドラン家の守役になったのだ?
 
 しかし二人――いや、一人と一匹を置いてきたのは正解かも。
 この罠の数……

 ここではいったいどういうことになっていたことやら……
 ここの主は用心しまくっているな、罠だらけだ。
「わんわんお」が居たら、めんどくさいことになること間違い無し!
 
 
 罠を避けて辿り着いた先は、大きな広間だった。
 そこには、これまでに退治してきた雑魚とは違う奴が居るようだ。
 
 近くまでこっそりと接近して様子を伺う……
 
 ふむ……(。-`ω´-)
 セヴェリン邸にあった手紙は、ヴェンディル・ウレンの出したものだった。

 つまりこいつがヴェンディルってことだな。
 
 急所を一撃――

 Snipe!

 ふぃ!
 
 ヴェンディル・セヴェリンは滅び去った。
 手紙の主はヴェンディル・ウレンだけど、こいつはセヴェリン。
 どっちが本物だ?
 
 
 まあよい。
 
 
 これでウレン家の野望を打ち砕いたことになるかな。
 
 折角だからなにかお土産持って帰りたいなー。
 そうだ、敵から奪ったこの頭巾で脅かせてやれっ。
 
 ………
 ……
 …
 
 ぐおっふぉっふぉっふぉっ

リセッテ「……ダサイよw」
 
 …………(´・ω・`)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記