home > 投稿 > > テル・ミスリンにて ~召喚好きなダンマー~

テル・ミスリンにて ~召喚好きなダンマー~

 
 テル・ミスリンにある巨大キノコは、マスターウィザードネロスの住みかだった。

 彼がネロス。
 友人の為に日が暮れるまで走って戻ったこともあるんだろうなぁ……
 
ウラッグ「それはメロスだ……」
ラムリーザ「走れネロス!」
ウラック「違う」
ネロス「何だお前は? 塔に招いたおぼえはないが、有意義な訪問だと願いたいな」
リセッテ「かなり強力なウィザードのようですね」
ネロス「お前が生涯出会う中で、最も強大なウィザードである可能性が高い。他に杖用の付呪器を作れそうな者がいるか?」
ラムリーザ「杖ならネラカーが何本でも作ってくれるぞ」
ネロス「お前はどうなのだ?」
ラムリーザ「ウィンターホールドのアークメイジ、一応……(。-`ω´-)」
ネロス「なるほど、お前がマグナスの杖を取り戻したのか。お見事だな」
 
 ――とまぁ、ネロスとはとりあえず温和に話し合えることができた。
 なんか誰かに狙われているので、確かめるつもりだと言っていたが……
 また、研究中の呪文があるようで、できれば手伝ってもらいたいことがあると申し出てきた。
 なんでも「アッシュスポーン」を召喚できればと考えているようなのだ。
 
 外で実験していた者と言い、召喚術が流行っているようだな。
 そういえばモローウィンド出身のブレリナは、召喚術を専攻していたなー。
 ダンマーは召喚好き、っと。
 
ラムリーザ「で、どのように手伝えばよい?」
ネロス「アッシュスポーン由来の灰を試料として使えれば、大いに役立ちそうなので採集してきて欲しい」
 
 というわけで、「灰の抽出器」を受け取り、それを使って灰を集めてくることになった。
 アッシュスポーンの灰か……
 これまでに何度かやつけてきたが、灰はスルーしていたなー。
 拾ってきていたらよかったか?
 
 
 とりあえずここには他には何もなさそうだ。
 一旦外に出て、灰を集めるなり、アッシュファロー要塞を目指すなり、ソルスセイムの聖堂を探すなりするか。
 
 ………
 ……
 …
 
 外に出ると、先ほどまで外で実験していたタルヴァスが慌てて駆けつけてきた。
 なんだよ、召喚失敗でもしたのか?

タルヴァス「力を貸してほしい!」
ラムリーザ「なんぞ」
タルヴァス「アッシュ・ガーディアンを召喚したんだけど、暴走してしまった!」
ラムリーザ「あほかw」
リセッテ「始末してあげましょうよ」
ラムリーザ「そうだな、始末してやってもいいぞ」
タルヴァス「ありがとう! そう言ってくれると思ってた! マスター・ネロスの注意を引き付けておくから、今のうちに早く!」
ラムリーザ「必死だなw」
 
 全く困ったやつだ。

 あれがアッシュ・ガーディアンか。
 ゴーレムみたいなやっちゃなぁ。
 行け! 足止めだ「わんわんお」!

 ――燃える犬w
 その隙に魔法の弓を準備して、と。

 こっちに向かってくるな!

 んでもって、どーん。
 
 ふぃ……
 
 こんなもんだ。
 
 ………
 ……
 …
 
 さて必死なタルヴァス君を落ち着かせに行ってやろう。

タルヴァス「アッシュ・ガーディアンはまだ始末できないかな? マスター・ネロスに知られたら、殺されるか、さらに酷い目に遭わされる!」
ラムリーザ「もちつけ、アッシュ・ガーディアンなら軽く始末したぞ」
タルヴァス「それはよかった。マスター・ネロスに知られたら、きっと罰を与えられたと思う……」
 
 そしてお礼にアッシュ・ガーディアンの呪文を教えてもらった。
 あまり使いたくないけどな……
 ちなみに、そのアッシュ・ガーディアンは、「ハートストーン」無しで唱えた場合、暴走するらしい。
 ……知っててなんで暴走させたw
 まいっか、どうせ召喚使わないしな。
 
 
 さて、改めて灰を集めるなり、アッシュファロー要塞を目指すなり、ソルスセイムの聖堂を探すなりするか。
 
 しかし気になることが……
 ここテル・ミスリンにもありました。

 ここで我々は苦役する……
 これはいったい何が何の為に作っているのだろうか?
 
 
 さっぱりわからんっ!
 こいつらちょっとおかしいし!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記