home > 投稿 > > テル・ミスリンにて ~巨大キノコの屋敷~

テル・ミスリンにて ~巨大キノコの屋敷~

 
 フロストモス砦の東に、巨大なキノコを遠くに見かけた。
 キノコが何なのかを確認してみたくなったので、先にちょっと寄っていくことにしたのだが――

 なんか巨大な虫が?
 別に襲い掛かってくる様子は無いが……

 裏に回ってみると、背中に乗れるよう橋渡しがしてあった。
 なんだありゃ?
 
 傍にはリーバス・サルバニという者が居て、あの虫のようなものについて教えてくれた。
 あれはシルトストライダーと言って、モローウィンドでは主に人や物資の運搬に使われているというのだ。
 今ではシルトストライダーは非常に珍しく、見るためにたまに人がやってくるそうな。

 なるほどね。
 普通運搬には馬車とか使うものだが、やっぱモローウィンドは変わっているや。
 
 
 さて、キノコについてだ。
 この辺りにはなぜかキノコが生えまくっている。

 そして、キノコでできた家のようなものまであったりする。
 キノコの中に住んでいるのか?
 
 そして巨大キノコの下では、一人の男性が何やら実験をしているようだ。

 彼の名前はタルヴァス。
 なんでも「アッシュ・ガーディアン」を召喚しようとしているのだ。
 しかしなかなかうまく行かないようで、四苦八苦している。
 とりあえずがんばるのはよいが、面倒は起こすなよ。
 
 つまり、ここは魔法関連の場所ってことかな。
 
 しかし辺り一面のキノコ!
 キノコキノコキノコキノコ――
 この先生きのこる!
 
リセッテ「じ~っ」
ラムリーザ「なんね(;-`ω´-)」
 
 
 こほん
 
 
 ここはテル・ミスリン。
 テルヴァンニの著名なウィザードであるマスター・ネロスの家。
 ちなみにテルヴァンニ家は、モローウィンドを支配している五大家の一つであり、マスターウィザードを擁する大家だ。
 モローウィンドでは、テルヴァンニが特殊なキノコの胞子から建物を育てている。
 そしてマスター・ネロスがここに自宅として一つ育てたというのだ。

 それがこれだ。
 でかすぎて下から見上げると何が何だかさっぱりだw
 
 中に入ると、そこは狭い空間だった。
 まぁ、根元はキノコの柄の部分だからそうなのだろうがな。
 よく見ると青白い光が上に向かって伸びている。

 その光に触れると、身体が浮き上がったのだ。
 オンマンドじゃないが、魔法ってのはすごいなぁ……
 
 青白い光を抜けた先は、ちょっとした広間になっていた。

 ここがキノコの傘の部分か。
 マスター・ネロスの仕事場がここの様だな。
 
 
 一応スカイリムの魔導師大学代表として、一度会っておくべきだよなー。
 ネロスはマスターウィザードのようだが俺は一応アークメイジ、俺の方が格上だから怖くないぜー。
 一応、一応アークメイジだからなー(;´Д`)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記