home > 投稿 > > レイヴンロックにて ~スジャンマ配達~

レイヴンロックにて ~スジャンマ配達~

 
 酒場レッチング・ネッチのマスターであるゲルディスから、スジャンマの配達を依頼された。
 そりあえずレイヴンロックの街の人に配ればいいということだろうな。
 
ラムリーザ「え~、スジャンマー、スジャンマはいらんかねー?」
リセッテ「販売じゃないから、適当に道行く人に配ればいいと思うよ」
ラムリーザ「なるほど、レイヴンロックの人々はー」
 

ラムリーザ「みんなスジャンマ飲む?」
ブラルサ「遠く離れていても……」
リアーンズ「世界は聞くことになる……」
レドランの衛兵「我々は夜、取り戻す……」
リセッテ「…………」
ラムリーザ「だめだこりゃ」
 
 この街にはまともな人はおらんのかよ。
 まともな人……
 
 聖堂の人はどうかな?
ガルドルス「よせ! その汚れた液体を近づけるな!」
 
 街では――
モグルル「そんな泥水、井戸にでも流すんだな。」
 
 ………
 ……
 …
 
 嫌われているねー。
 なんかリフテンでやったマーラのチラシ配りを思い出すぞ……(;´Д`)
 でも井戸に流すのはいいかも。
 井戸水がスジャンマになって、勝手にみんな飲んでくれるようになるかもw
 
 
 他にまともな人と言えば、評議員がまともだったな。
 
 

ラムリーザ「ゲルディスが新しい酒を試して欲しがっていんだ、スジャンマをどうぞ」
レリル「ゲルディスのおかげでいつも前向きでいられるよ、視界はぼやけ気味だがな。ありがとう」
ラムリーザ「横の人はどう?」
エイドリル「んん? ああそれか、遠慮しておこう。思考がにごると困るからな」
シンディリ「あなたなら、町の外へ出ても大丈夫そうね。大切なものをなくしてしまったんだけど、取り戻すのを手伝ってくれない?」
 
 唐突に評議員補佐エイドリルの嫁のシンディリから依頼事をもちこまれた。
 数ヶ月前に、フィリオを製本し直してもらうために、低との初版書房に送ったのだが、全然届かないと言うのだ。
 その本は、「ストライデント・スコール号」で運んでいたのだが、ソルスセイム沖で沈没してしまったのだ。
 貴重な家宝を探してきてほしいと言うのだ。
 
リセッテ「とりあえずその書を探してみるわ」
シンディリ「ありがとう」
ラムリーザ「それよりも、スジャンマ要る?」
シンディリ「あら、なんて親切なの。ゲルディスにお礼を言っといてもらえる?」
 
 
 次は鍛冶屋だ。

 この町の鍛冶屋はグローヴァー、男色でないことを祈る……(。-`ω´-)
 
グローヴァー「クレシウス・カエレリウスを見なかったか? あのもうろく爺さんが、また俺のつるはしを持っていっちまったんだ!」
ラムリーザ「つるはしごときで騒ぐなw」
グローヴァー「いやいやいや、お前らの知っている普通のつるはしじゃなくて、古代ノルドのつるはしの話をしているんだよ」
ラムリーザ「盗まれたのなら衛兵にそいつを探して逮捕してもらえよ」
グローヴァー「うーん、この手の事はなるべく自分で片を付けたくてな……」
リセッテ「クレシウスって人に返すよう言えばいいのね」
ラムリーザ「それよりもだ、ゲルディスの新しい酒を試してみないか?」
グローヴァー「完璧じゃねえか! ちょうど飲みに行こうかと思ってたんだ。手間を省いてくれてありがとよ」
ラムリーザ「おいおい、朝から飲みに行くのかよw」
グローヴァー「クレシウスを見つけた、つるはしを返せと言っといてくれ、手間賃ははらうからさ」
ラムリーザ「はいはい、自分で片を付けたいのではなかったのな」
 
 
 とまぁ、みんながみんな嫌っているわけではない。

 さらに錬金術師のミロールは受け取ってくれた。
ミロール「次の薬にこれを混ぜてみるべきね、一体何が起こるのかしら」
ラムリーザ「実験材料にするなよw」
ミロール「そうそう、ネッチゼリーの入手が難しいのよねぇ」
ラムリーザ「ネッチゼリー?」
ミロール「収穫してきてくれたら、その手間に対して喜んでお礼するけど」
リセッテ「任せてください」
ラムリーザ「なんかリセッテがマネージャーみたいだw」
 
 ネッチゼリーね。
 なんだかよくわからんが、手に入ったら届けるよ。
 
 
 酒を届けるたびに依頼と交換になっているのは気のせいか?
 
 例えば雑貨屋のフェシス・アロール

 酒を受けとってくれたが、東帝都社のペンダントをコレクションしたいから探してきて欲しいと言って来たのだ。
 そのペンダントは島の至る所にあるのだと言う。
 
 
 それよりも気が付いたのだが、俺は知らないうちにレイブンロックの英雄扱いされている。
 なんでも、アッシュスポーンの襲撃を防いだことが、街の人々に感謝させているようなのだ。
 
 
 そんなこんなで、スジャンマ配達も順調。
 あと行ってない所は鉱山ぐらいだな。
 
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記