home > 投稿 > > 死者の行進 ~フロストモス砦攻略~

死者の行進 ~フロストモス砦攻略~

 
 さてと、目的は、フロストモス砦の探索だ。
 あいや、本来の目的はミラークの探索だが、手がかりがなさすぎる。
 とりあえず分かることから片付けるということで――
 
 フロドルフの家から少し進んだ所に、砦が存在していたのだ。

 ここがフロストモス砦だろうな。
 アッシュスポーンの姿も確認できる。
 

カリアス将軍「おい、侵入者が砦に入ったぞ! 不意打ちに備えろ!」
 
 突然砦中に響き渡る声で警戒を促す言葉が発せられた。
 よく見ると、「わんわんお」が既に戦闘を開始してしまっている。
 犬だけが突入してくるとは考えにくいので、不意打ちに警戒しているってことだな。
 
カリアス将軍「フロストモス砦は決して陥落しない! 帝国万歳!」
 
 帝国の砦かよ。
 えーと……、ストームクロークではない俺はどう対処すべきだ?
 内戦には不介入と決められているんだけどなぁ。
 
 
 まあよい。
 
 
 アッシュスポーンなる気味の悪いものを従えているなんて、帝国として認められないだろう。
 それにここはモローウィンドだ。
 内戦ではない。

 というわけで、「わんわんお」の戦いに参戦。
 
 アッシュスポーンは、射抜いた傍から消え去ってしまうのだ。
 そしてその場には灰が残る。
 何故か宝石も残るので、宝稼ぎにはいい相手だ。

 外の敵も片付けたし、砦に突入しますか。
 
 砦の中の雰囲気は、スカイリムに居た時とそう変わらない。
 ただ違うのは、襲い掛かってくるのが兵士や山賊ではなく、アッシュスポーンだということだ。
 
 俺は気配を消していつでも狙撃できるよう備えている。

 だから狙われるのは、「わんわんお」かリセッテということになる。
 ……ちょっといかんな。
 モローウィンドはリセッテにとっては危険な地かもしれない。
 
 アッシュスポーンの襲撃を蹴散らしつつ、砦を少しずつ攻略していく。
 人間相手ではなくモンスター相手なので、気兼ねが全く無くてすむのが気分的に楽なことだ。
 
 アッシュスポーンだけではない。
 爆発する蜘蛛とか妙なものも存在しやがる。
 
 
 それはさておき、広間のようなところでイルダリの日記を発見した。
 この砦に住み着いていた者らしい。

 イルダリの日記には、カリアス将軍の秘密について書かれている感じだ。
 ハートストーンとやらを使えば、死者を蘇らせる力があるようだ。
 ここ、フロストモス砦で見つけた将軍の亡骸に、ハートストーンを移植したら動き出したと書かれているのだ。
 
 つまり、黒幕のカリアス将軍は、ハートストーンの力で蘇ったモンスターのようなものなのだ。
 フランケンシュタイン違うで、彼は博士だ。ふんがーふんがーはモンスターなw
 
 要するに、「フォースウォーン・ブライアハート」みたいなものなのだろう。
 
 
 この広間に置かれていた袋には、砦の鍵が入っていた。
 これで鍵のかかっていた所から先に進めるわけだ。
 
 ………
 ……
 …
 
 鍵のかかっていた扉を開けて進んだ先。
 そこには一人の帝国兵、そして数対のアッシュスポーンが居た。

 将軍は何も言わずにこちらに突っかかってきた。
 蘇った亡骸のくせに、なかなか身軽じゃないか。
 
 だが俺の敵ではない。
 アッシュスポーンは「わんわんお」に任せて、俺は将軍に対峙することにした。
 と言っても、物陰からの狙撃だがなw
 どうせ将軍の狙いも「わんわんお」かリセッテだろ?
 
 先手必勝、影矢!

 下の急所を一撃!
 
 カリアス将軍「志……、半ばで……」
 
 必殺の一撃でカリアス将軍は息絶えた。
 こいつがアッシュスポーン騒動の黒幕か。

 胸にハートストーンがはめ込まれている……
 つまり、そういうことだ。
 200年前の亡骸が蘇ったというわけだ。
 そしてアッシュスポーンを操り、レイヴンロックを攻めようとしていたのだ。
 
 だがそれも今夜限りでおしまいだ。
 
 
 ヴェレス隊長に片付いたことを報告すべく、レイヴンロックに戻ることにする。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記