home > 投稿 > > 東への旅路 ~フロドルフの家~

東への旅路 ~フロドルフの家~

 
 フロストモス砦に向かう途中、一軒の廃屋を見つけ出した。
 ついでだから、ちょっと寄っていくことにしたのだが――
 
 家の裏手には、赤く輝く鉱脈があったりする。

 気になるので、採掘してみることにする。
 うん、なんか赤く輝くハートストーンなるものが採掘できた。

 使い道はー……、わからんっw
 
 
 廃屋の中は、普通に廃墟だ。
 灰が積もり、長い間誰も住んでいなかったというのは明白だ。

 何かアッシュスポーンがうろついていたので、サクッと片付けてやりましたとさ。
 
 地上部分には何も無いが、地下室が存在していた。

 
 
リセッテ「地下にも行ってみるの?」
ラムリーザ「特に行く必要は無いんだがなー」
リセッテ「折角だから入ろうよ」
ラムリーザ「地下室にあるテープレコーダーを再生したら、死霊が蘇る……(。-`ω´-)」
リセッテ「奥に明かりが燈っているわ」
強盗団「誰か居るのか?」
 
 おっと危ない。

 強盗団が廃墟をねぐらにしていたか。
 何だかソルスセイムに来てから、リセッテが無用心になった感があるのだが、大丈夫だろうか?
 
 地下室は暖炉もあり、それなりに生活感はある。

 地下室の奥を探索してみると、フロドルフの日記というものが見つかった。
 フロドルフという人が住んでいたが、今はもう誰も居なくなって強盗団が住み着いたということかな。
 
 
 日記によると、地下の深いところから呼ばれる声が聞こえると書いてある。

 また、大きな機械が鳴り響いているようだとも書かれている。
 
 だが最後の方は、何かうつろな感じになっているのがよくわかる。

「深淵からの火」
 
 この一言で日記は終わっているのだ。
 なんとなくミラークが関わっているような気がする。
 それか、「かゆい うま」現象だw
 うつろな表情で、ひたすら石柱を祀る物を建設していた連中も居たじゃないか……
 
 
ラムリーザ「結局、めぼしい物は無かったな」
リセッテ「深淵からの火って何なのでしょうね……」
ラムリーザ「深淵の暁なら、オブリビオンの動乱を引き起こした連中なんだけどな」
リセッテ「そういえば、日記に本棚の後ろとか書いてあったわね」
 
 ふむ、本棚か。
 本棚を調べてみると、どうやら動かすことができるようだ。
 後ろには抜け穴が掘られているじゃないか。

 抜け穴には、日記で購入したと書かれていたシャベルなどが散らばっている。
 そしてその奥にあったのは……
 
 ドゥーマーの遺跡。

 鳴り響く大きな機械の正体はこれか。
 
 そして、一人の遺体が転がっている。
 そして血に汚れた手紙を所持している。

 ひどいな……
 ビョルンという人に警告しているようだが、自我が残り少ないってどういうことだろう?
 それに地面が飲み込むとは……
 
 う~む……(。-`ω´-)

 ドゥーマーの遺跡と、自我が失われていくことの関連性がわからん。
 
リセッテ「何だか気味が悪いわ。早く出ましょうよ」
ラムリーザ「ミラークの影響か、ドゥーマーの影響か……」
 
 
 やっぱりよくわからん。
 俺らもおかしくなる前に、とっとと退散しますかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記